日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と韓国オリンピック委員会(KOC)の
金正幸会長は9日、ブエノスアイレスで会談し、韓国で開催される2018年平昌冬季五輪と
20年東京夏季五輪の成功に向け、全面的に協力することで合意した。
日韓関係が冷え込む中、東京の五輪招致成功を機に新たな動きが生まれる可能性もある。

日本には過去2度の冬季五輪を開催したノウハウがある一方、韓国は昨夏のロンドン五輪で
日本の倍近い金メダル13個を獲得するなど近年は競技力で勝っている。
両者は選手の交流も促進させる。

竹田会長は「両国の関係がしっくりいっていないときでも、スポーツは互いの理解を深めることに
貢献できる」と述べ、金会長は「われわれの交流と相互協力は現在の両国の関係を好転させる
ことができると確信する」と応じた。

竹田会長によると、アジア・オリンピック評議会(OCA)のアハマド会長を加えた3者会談では、
「冬季五輪と夏季五輪が続いて開催されることが決まり、アジアの平和構築にとって絶好の
機会が訪れた」とOCAも両大会の成功に最大限の支援を約束したという。(共同)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「【五輪】 日韓全面協力」共同通信の飛ばし記事の可能性❢ 世論誘導に注意

「日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と韓国オリンピック委員会(KOC)の金正幸会長は9日、ブエノスアイレスで会談し、韓国で開催される2018年平昌冬季五輪と20年東京夏季五輪の成功に向け、全面的に協力することで合意した」と共同通信が報じたが。

このまとめを見る