1. まとめトップ

危険すぎたトルコ旅行!イスタンブール反政府デモなどで治安も悪化するトルコ情勢

トルコを旅行中の2人の女子大生が何者かにナイフで刺されて死傷するという事件が起こりました。トルコでは、隣国シリアで内戦が勃発したり、過激な反政府デモが起こったりするなど、情勢が非常に不安定化しています。トルコに旅行される方は十分に注意が必要です。

更新日: 2018年08月17日

3 お気に入り 175338 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

カッパドキアで女子大生が襲われる

在トルコ日本大使館によると、同国中部の観光地カッパドキアで9日、日本人の女性観光客2人が散策中、何者かにナイフで刺された。栗原舞さん(22)=本籍宮城県=が死亡、寺松星絵さん(22)=本籍富山県=が負傷した。

カッパドキアは奇岩が林立する中にキリスト教徒の住居跡がある宗教遺跡で、世界遺産にも登録されている。人々は素朴な生活をしていて、基本的には治安はいいところだ。

友人と気楽な旅行も結構だが、若い女性が2人というのは国内旅行でさえ最近はリスクが高い。いくらトルコは親日的で治安がいいとはいえ、外国では危険度は跳ね上がる。

トルコで発生している市民デモ

2013年5月にはトルコではアルコールの販売規制が強化されて世俗派から大きな不満が出たのだが、そこにイスラム色の強い兵舎の建設が予定されていることが国民の不満に火を付けた。

オリンピックの開催を妨げたのも、この大規模な反政府デモにあるとされています。

特にイスタンブールのタクシム広場周辺では,夜間,デモ参加者が一部暴徒化し,政府系銀行のATMからの現金強奪,車両を破壊しバリケードとして利用する等の行為を行っており,危険な状態です。

観光地や繁華街等で,盗難等の不慮の犯罪に遭ったり,お土産品の購入をめぐるトラブルに遭うなど,楽しいトルコでの生活が台無しになった例があるのも事実です。

シリア情勢で影響を受けているトルコ

シリアの隣にあるので、シリア情勢の影響も受けやすい場所にあります。

トルコ・リラは8月28日、対ドルで過去最安値を更新した。トルコ国債も売られている。ベンチマークとされる2年物国債の利回りが一時2012年1月以降で初の10%台に乗せた。

米国が対シリア軍事行動を起こした場合にトルコ経済に悪影響が及ぶとの懸念緩和には、トルコ中央銀行の措置は不十分との見方が広がった。国債相場も下げた。

トルコはメディア規制の激しい国家

トルコは報道の自由が殆どないことでも知られており、国境のない記者団が発行した2012年の報告書によると、 「世界で最も多くのジャーナリストが投獄された国」でもある。

同国では、報道機関が巨大コングロマリットの一端であることが多く、今回沈黙を守った報道機関の多くも、政府と密接な関係を持つ他部門との絡みから、声を上げることができなかったとの分析がなされている。

オリンピックにも決まらなかったトルコ

2020年夏季五輪の開催都市に東京が決定したことを受け、落選したトルコの最大都市イスタンブールでは、現地メディアが一斉に、パブリックビューイングに集まった市民らの落胆の様子を伝えた。

イスラム教徒が人口の大半を占めるイスタンブールは国内の政情不安、陸上選手のドーピング違反などが理由で落選。2000年、2004年、2008年、2012年の五輪招致にも失敗していた。

◆トルコ・リラの下落

売られている理由としては、ユーロが不安定化している事も少なからず影響しているとみられています。ユーロの不安定化は、英国のEU離脱などで更に高まっていて、トルコの経済の先行き不安定となって、リラが売られる要因ともなっています。

日本やアメリカを一部上場企業勤務のサラリーマンとしたら、トルコや南アフリカはフリーターという所でしょう。

フリーター君や零細事業主は消費者金融から上限一杯の15%以上でないと借りれず、さらに高金利な闇金融に手を出します。

トルコはアメリカ政府の10倍の金利を払ってお金を借りていて、南アフリカは7%、メキシコは5.75%です。

1 2