1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

時代は「脳トレ」ではなく「脳波トレ」!自宅で遊べる「脳波ゲーム」まとめ

「脳トレ」はもう古い!?時代は「脳波トレーニング」だ!自宅で簡単に遊べる脳波トレーニングアプリをご紹介。

更新日: 2013年09月11日

53 お気に入り 14442 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

frompapuaさん

※一般人でも購入できる脳波測定器の登場

2013年現在、最も注目されているのが、米国ニューロスカイ社(Neurosky Inc.)製の脳波測定ヘッドセット「Mindwave Mobile」。

医療用の脳波測定器が数十万~数百万円するところ、コンシューマー用の簡易版とはいえ、約100ドルという低価格を実現したことで大きな話題となった。

※脳波で何ができるの?

センサーが脳波をキャッチすると、脳波信号からノイズを除去する作業が行われ、周波数のフィルタを通し増幅・デジタル信号へ変換される。

Mindwave Mobileでは、特殊なアルゴリズムを用いることで、キャッチした脳波が「集中度」と「リラックス度」に変換される。

ほとんどの脳波ゲームは、その「集中」と「リラックス」を用いて操作するかたちになっている。

※話題の「Necomimi」も同じ技術をベースにしている

necomimiは、あなたの脳波をキャッチして
あなたの気持ちを伝える「ネコミミ型コミュニケーションツール」。

これを着けて、まずは、集中してみてください。
耳は、ネコがエモノを狙う時の様にピンとたちます。

それから、ほっと一息ついてみてください。
耳は、ネコがリラックスしている時の様に、横たわります。

この不思議なnecomimiを付ければ、言葉にしなくても気持ちが伝わる。
テクノロジーが叶えた、可愛くて、ちょっぴり新しいコミュニケーションのカタチです。

"Necomimi"と同じNeurowearプロジェクトから登場したのが、脳波で動くしっぽ。こちらはまだコンセプト段階。

※脳波を用いたアプリゲームが続々登場

脳波を使って、悪い魔法使いと闘ったり、ほうきに乗ってレースをしたり、様々な遊びができるアプリ。まるでハリーポッターになったような気分になれるので、見た目以上に楽しい。「集中」「リラックス」「ZEN(禅)」の3つのトレーニングが可能。

こちらも「集中」と「リラックス」をコントロールすることで、様々な問題解決をしながら進めるゲームアプリ。「夢の中」という設定だけに、かなり独特な世界観を持ったアプリになっている。

あなたの脳を食べようとするゾンビから身を守るために、念力(脳波)でスプーンを曲げ続けるという、これまた不思議な設定のアプリゲーム。28本のスプーンを曲げなければいけないようだが、どうやっても途中で食べられてしまう。。。

スマホやPCを経由して、ラジコンヘリを操作することができるアプリも登場。操作といっても、浮遊させる程度のようだが、将来的にはもっと細かい操作ができるようにする研究をしているそう。

こちらはまだ開発中だが、あなたの脳波をもとに、iTunesに入っている楽曲の中から、今のあなたに最適な曲を選んでくれるというアプリ。

MindwaveMobileのメーカーであるニューロスカイが提供する脳波ビジュアライザー。右下の「集中度(Attention)」と「リラックス度(Meditation)」のメーターを見ているだけでもけっこう楽しいし、精神コントロールのトレーニングにもなる。

※国内でも通販で購入可能

※東京ゲームショー2013でも遊べる(かも)

1