1. まとめトップ

名門高校に入学するメリットってどんなものがあるの?

名門高校に入学するには非常に高い労力が必要です。それだけの苦労をして、メリットがなかったら虚しくなります。どんなメリットがあるのでしょうか。

更新日: 2013年09月11日

44 お気に入り 11675 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

就職にも影響する

大学入試は努力、高校入試は地頭と見る考え方も多いようです。
さらに10台中盤頃の勉強は地頭を強化するにはいいタイミングですので、通信教材などで勉強の習慣をつけましょう。

http://www.3ken-next.jp/junior-high-school/index.html

面接官の間で、昔から使われているテクニックがあります。それは、「高校名に注目しろ」というものです。大学は一流でなくても、名門高校に通っていた学生は地頭がいいのではないかというわけです。

地銀とか地方役所とかjaとかなら大学よりはその地方の高校学歴がモノを言うと思う。
県内上位の公立進学校だが、大学ショボい奴でも地元でカタい職業に就いてる奴は多い

進学するための勉強ができる

名門高校は有名大学への進学が基本。
生徒も大多数が進学を希望しますので、授業もそのレベルに合わせた内容になります。

授業のレベルも採用している教科書等教材も違うし
生徒の基礎学力が違うので
進学しようと思っているなら有利です

学生の質が高い

よっぽど意志が強くなければ、周りの影響を受けてしまいます。
学習や将来への意識が高い学生が集まる名門校に進学できれば、いい影響を受けることが多いです。

高校によってあそこまで進学実績に差がつくのかと言うと、入学してくる学生の質の差、それによって生まれる学内の大学進学への前向きな雰囲気がその差を生んでいるのです。

名門高校に進学するメリットですが、勉強を怠ける者が少ないということだと思います。周囲に勉強を怠ける者が多いと、どうしてもその悪影響を受けがちです。

大学への内部進学が可能

有名大学の付属高校に入学できれば、学生は苦労を少なく家庭は経済的な負担を少なく有名大学へ進学することが出来ます。

http://www.gakkou.net/kou/keiretsu_daigaku/syutoken.html

もちろん、大学に進学を希望する人向けですが、付属高校から、その大学にはよほどのことがない限り、有名大学に入学できます。
つまり、大学受験にかかるお金の負担は少なくなります。

大学側は数少ない優秀な生徒を囲い込める利点がある。保護者からしても「塾や予備校の費用が軽減できる」というメリットがある。

1