ハードウェアとしての64bit環境は、肝心の本体を入手しなければ検証しようがないが、アプリ実行環境は経験則である程度推測できる。
システムおよびアプリの64bit化がどのような変化をiPhoneにもたらすか、ざっくりまとめてみよう。

 まずは互換性の問題だが、これは心配無用だろう。OS Xのバイナリフォーマット「Mach-O」(マーク・オー)は、単一ファイルに異なるアーキテクチャの命令を収録でき、実行環境に応じて使い分けられる(ユニバーサルバイナリ)。
LeopardやSnow Leopardのときは、PowerPCからIntelアーキテクチャへの移行期と重なったため、PowerPCのサポートを継続しつつ64bit化を推進する(計4アーキテクチャ)という離れ業をやってのけたが、ユニバーサルバイナリなのでユーザーの目には単一のファイル/アプリにしか映らなかった。
Apple A7は32bitバイナリーをそのまま実行できるため、大半のアプリはユニバーサルバイナリの体裁をとる必要はなさそうだが、パフォーマンスを落とさず互換性を維持できる心強い機構がiOSにはあるのだ。

出典ASCII.jp:「iPhone 5s」の64bit CPU採用が意味するもの (2/2)|Apple Geeks

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【64bit CPUって何?】iPhone 5s A7プロセッサとは

64bitって何?ノートPCでも普及段階にある64bit CPUが、いちはやくiPhone 5sに搭載されます.20日に並ぶ筆者が,知りたいことをまとめます!!

このまとめを見る