システムメンテナンスも、おそらく従来どおりだ。
OS Xが32bit環境から64bit環境へ移行するときには、ドライバ類(KEXT)とシステムフレームワーク(ライブラリ)をユニバーサルバイナリ化することから始まった。
カーネルもユニバーサルバイナリ化されていたが、システムの安定性を重視するAppleは、ドライバ類の64bit対応が落ち着くまで32bitモードをデフォルトとしていた。
しかし、iOSではすべての開発リソースをAppleが抑えているわけだから、そのような移行期間は必要ないうえ、端末ごとに専用のインストールイメージを用意することも可能だ。
おそらくiPhone 5sでは、最初から64bitモードのカーネルが動作するのだろう。
32bitアプリの実行に備えフレームワークはユニバーサルバイナリだろうが、ドライバや標準装備のアプリは64bitバイナリのみと考えられる。

出典ASCII.jp:「iPhone 5s」の64bit CPU採用が意味するもの (2/2)|Apple Geeks

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【64bit CPUって何?】iPhone 5s A7プロセッサとは

64bitって何?ノートPCでも普及段階にある64bit CPUが、いちはやくiPhone 5sに搭載されます.20日に並ぶ筆者が,知りたいことをまとめます!!

このまとめを見る