1. まとめトップ

お金が貯まる!“魔法のお財布”になるコツ

「お金が貯まらない...」「つい無駄遣いしちゃう...」など、金運がないと感じている人、それはお財布が原因かも知れません。お金に愛される“魔法のお財布”にして金運をアップさせちゃいましょう♪

更新日: 2018年09月12日

308 お気に入り 1087923 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

RAID-777さん

お金が貯まる!“魔法のお財布”になるコツって?!

お金を貯めるには日頃の節約意識はもちろん大切ですが、もっと簡単に貯金体質を目指せる方法があるんです。それはズバリ、お財布との付き合い方を身につけること。

そこで今回は、お金の貯まる人が実践しているお財布習慣を徹底調査!
お金が貯まる良い習慣、お金が逃げていく悪い習慣、両方を見ていきましょう。
お財布を正しく使えば、何もしていないのにいつのまにかお金が貯まっていた!なんてハッピーな事が起こるかもしれません♪

お金が貯まる!“魔法のお財布”になるコツ

金運の上がるお財布の使い方でお金が貯まる!“魔法のお財布”活用術!

お金に対する意識がすべてお財布に現れる!?

お金とは純粋なエネルギーそのもの。
そして、私たちのもっとも身近にある“お金のシンボル”であり、
“お金の入り口・玄関”にあたるのがお財布です。
今のあなたのお金に対する意識が、今持っているお財布に
すべて現れているといっても過言ではありません。

お金が貯まる人は長財布を使っていると言います。

お金が貯まる財布はなぜ長財布?

お金が貯まる人は長財布を使っていると言います。なぜでしょうか?
とある社長いわく『二つに折り曲げては、お札が窮屈でかわいそうだ』と。
お金に恵まれている人ほどお金を、まるで人格すら宿っているように大切に扱っているそう。

「お金にとって財布はホテルのようなもの。居心地良くすることで、お金はまた戻ってくる。」
1日の終わりに中のレシートなどを取り出し、お札の向きを揃え、財布全体を拭いて汚れを落とす。
その気持ちがお金の使い方に表れ、貯まる体質になるといいます。

お金が貯まる! “魔法のお財布”活用術 5パターン

1、お札のいつも上向きに揃えて入れること

お金はエネルギーなので、流れがあるもの。
お札の向きを揃えるということは、そのエネルギーを整え、お金の流れに勢いをつけることに。

また、お札の人物の絵は“出る”エネルギーを生む上向きに入れるのがマスト。
すべてのエネルギーは“出すのが先、受け取るのは後”。
そのため、出て行くエネルギーの勢いをつけてあげれば、後から気持ちよく返ってくるはずです。

2、最初に入れる金額が財布の運命を決める

お財布のキャパは、新しいお財布を購入して最初に入れる紙幣の合計金額によって決まります。
お財布自体が高価なものだとしても、最初に3000円しか入れなければ、3000円のお財布に。
もし、それ以上のお金が入ってきても、その余分なお金は“よそ者”と見なして、追い出されてしまいます。

だからこそ、お財布を新しくしたときは、気合いを入れてたくさんの現金を入れ、
最低でも3日間はその状態を維持してあげましょう。

3、さまざまな効果のある”見せ金”とは?

お財布には常に現金をたくさん入れておくのが◎。
そこで活用したいのが“見せ金”。

お財布に貯金しているつもりで、10万円を常にお財布に入れておくのです。
大金を入れているという意識から、お財布の扱いも丁寧になり、紛失の可能性も少なくなるはず。
何より、その10万円が呼び水となり、お金の流れが格段によくなります!

4、ポイントカードや診察券は別のポーチに

お財布に入れていいのは、お金、そしてお金に直接つながっているクレジットカードや
プリペイドカード、キャッシュカードのみ。
それ以外の診察券や会員カード、ポイントカードなどは“お金とは似て非なるもの”。
お財布には入れず、ポーチに入れて持ち歩くのがベター。

5、財布の中身の定位置を決めておく

お財布の整理整頓をしやすくするためにも、中身は定位置を決めておくのがベスト。
金額が一番大きい1万円札は、カード類に直接触れない場所に、他のお札とは分けて収納。
もし、レシートや診察券などをお財布に入れるのなら、外側ポケットに。
そしてお財布にお金以外の不要なエネルギーが入り込まないよう、マメにお掃除を。

お金が貯まらない、ダメなお財布って?!

お財布の中身がくしゃくしゃだと・・・・

今、いくらお金があるか分からない
多めにお金を下ろしたり、ないことに気づいてあわてて下ろす
小銭を探すのが面倒なので、ついお札を使う
ショップカードが探せず、同じお店で何枚も作る
使っていないクレジットカードに気付かない
レジでモタモタしてしまう
レジで違うカードを出して恥をかく
割引券があるのに、出てこなかったりする

こんなデメリットがいっぱい。結局お金が貯まらない財布になってしまいます。
丁寧にお財布を扱うには、入れる場所とルールを決めましょう。

◆参考サイト

1