「子供や読者をだまし、夢を奪う不正はやめましょう」

 厚生労働省で11日記者会見した女性は、東日本大震災発生を受け、子供に夢や希望を与える漫画を作ることが大事だと考え、不正をやめるよう訴えていたと明かした。だが会社に思いは伝わらず、不正はその後も続いた。

前へ 次へ