1. まとめトップ

自力でそばかすを消す方法とは?誰でもできるスキンケアについて

そばかすが、コンプレックスになっている人は多いでしょう。しかし、ちゃんと対策をすることで、そばかすを消すことは出来ますよ。そばかすの基礎知識についてまとめました。

更新日: 2013年09月14日

45 お気に入り 54472 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

skyfisherさん

そばかすの基礎知識

正体はメラミン

そばかすは雀卵斑とも言い、
目の下あたりによくできる3~5ミリほどのメラミンによる斑点です。

思春期に多い

そばかすができる時期は、主に幼児から思春期です。

白人に多い

そばかすになりやすい体質は遺伝し、白人に多いですが日本人にも一定の割合で発生します。

そばかすの原因

メラノサイトの活性化

紫外線などの刺激を受けて、肌にあるメラニン生産細胞が活性化し、メラニンが作られます。

優性遺伝の影響

メラノサイトが局所的に活性化しやすい体質は優性遺伝します。

新陳代謝の低下

通常はメラニンは肌のターンオーバーにあわせて排出されますが、
年をとって新陳代謝が低下することでメラニンが排出されにくくなります。

そばかすと年齢

出現は思春期まで

そばかすになる体質が現れるのはほとんど思春期までですが、
それ以降も濃くなったりすることはあります。

若いうちの対策

そばかすが出現してすぐに対策をとることで、
大人になってから残るそばかすを薄くすることができます。

シミと同様

加齢によってそばかすが濃くなったり広がったりするのは、
メラニンの蓄積によるものでシミと同様の原理です。

そばかすの予防

抗酸化物質をとる

ビタミンCやカロテン類、ポリフェノールが多く含まれる野菜などを
積極的に食べることでメラニンの生産を抑えることができます。

紫外線を避ける

なるべく真昼の外出を避けることや、日傘や帽子で紫外線を避ける工夫をします。

黒系の服

紫外線を吸収してしまう黒系の服を
なるべく着るようにすることで肌に浴びる紫外線を減らします。

そばかすを消す方法

ビタミンC誘導体の投与

肌のそばかす部分に直接ビタミンC誘導体を与えることで、
そばかすの原因になるメラニンを減らします。

ハイドロキノンの投与

メラニンの生産を抑える効果のあるハイドロキノンという物質を、
そばかすの部分に直接投与します。

レーザー治療

レーザーによって傷を付けずにメラニンを消す手術法があります。

1