1. まとめトップ

センスある部活・サークルHPを作るポイント

カッコいい部活・サークルHPを探し、共通しているポイントをまとめました。このポイントを守ればクオリティの高いホームページが作れるはずです。

更新日: 2013年09月16日

83 お気に入り 20547 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■イケテルHPの共通点

▼現役部員の需要なんて無視!

出典webun.jp

イケてるHPは外部の人が見る事を考えて作られていることが多いです。自分たちで見るのか、人に見て貰うのかでは「見栄え」に差が出てきます。

人から見て良いHPを作りたかったら、現役部員の満足度は無視しましょう。

アクセスカウンターは外部の人が見ても楽しくないです。そして個人作成のHPっぽくなるので外しましょう。現役部員の人はアクセス解析を見て楽しみましょう。

またパスワードの掛かった部員用ページも必要ないです。外部の人にとっては見られない不要な領域でしかありません。

サークルのHPと部員の交流場所は明確に分けましょう。Facebookのグループページ、Twitterなどが便利です。自分たちでサイトを構築するよりもずっと簡単です。

「どうしても新入生に現役部員の雰囲気を見せたい!」という場合にはHPの方にFacebookやTwitterのリンクを付けましょう。リンクを付ける場合にも小さいアイコンを載せる程度にしましょう。

▼文章より写真を使え!

テキストでの説明は作る方も見る方も疲れます。写真を使って説明しましょう。
写真ならば雰囲気や状況も瞬時に伝わります。活動記録や部員紹介でも写真を活用しまくりましょう。

例えば
<東大料理愛好会>さんのHP
http://todai-cooking.com/
写真を上手に使っています。文章を読む前に雰囲気が伝わってきますね。写真のクオリティが高いのもポイント。

写真の見せ方に自信が無いという人は無料のスライドショープラグインを使いましょう。部員紹介や活動記録を丸ごとスライドショーで見せてもOKです。

<galleriffic>
http://www.twospy.com/galleriffic/

<simpleviewer>
http://simpleviewer.net/products/

トップページからゴチャゴチャしているのはタブー。見る人が逃げ出します。シンプルなデザインでサークルの雰囲気を伝えましょう。

長い文章や大量の写真はワンアクション(クリック、スクロール)の後に見られるようにするのがベスト。イケてるサークルのHPは大抵そうなってます。

▼コンテンツは最小限!

最低限「サークル紹介」「活動紹介」「連絡先」が乗っていればOK。それプラス恒常的に更新していくコンテンツ(活動記録など)が1つ位だとまとめ易いです。

良いサークルHPのコンテンツは少なくまとまっています。素人が上手くまとめて更新していくには少なめがベスト。

例えば
<::鳥取環境大学ヤギ部::>さんのHP
http://shiroyagi.client.jp/
シンプルにまとまっている好例です。

更新されずに広告が出てたりするとイメージ最悪です。実状がどうであれ「このサークル全然活動してないんだな・・・」と思われます。

コンテンツは余裕で更新できる量が丁度いいのです。誰も書き込まなくなる可能性のあるBBSやBLOGは最初から作らないのも一つの手です。

▼流行を1つでも取り入れろ!

流行を取り入れる事で「現在もしっかり活動してる」「面白い活動が出来そう」といった印象を与える事ができます。どんなデザインが流行っているのか把握しましょう。

例えば「大きな写真を使う」「ブロック配置」「奥行きや層を感じるデザイン」「円、サークル」「横スクロール」「モダン、シンプル」

素人が作ってもそれなりの効果を出せるのはコレです。前述の「大きな画像を使う」「奥行きや層を感じるデザイン」をクリアできます。
「フルスクリーン背景デザイン」と呼ばれるものです。

例えば
<JOINUS>さんのHP
http://jfn.josuikai.net/circles/sports/joinus/index.htm
背景に画像を使いその上にコンテンツを表示。層が感じられる作りです。

背景に画像を持ってくるには無料のプラグインを使いましょう。簡単に実装できます。

<maximage>
http://www.aaronvanderzwan.com/maximage/

1