1. まとめトップ

セフレ?恋愛に白黒決着をつけない"キープ"する男の4タイプ。不倫|キスフレ|元カノ

よく恋愛において、男女が別れたあと、男は「名前を付けて保存」女は「上書き保存」なんて聞いたことありませんか?どうして男性は恋愛に白黒決着をつけないの?!別れてからも元カノに普通に連絡を取るなんて、まだ未練があるの?何考えてるんだろう、なんて思った経験はありませんか?ご参考にどうぞ。

更新日: 2014年01月19日

174 お気に入り 416403 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ponapeeさん

・男は交際歴のある相手を「フォルダー保存」する!?

男「友達としてだよ~」

女「彼女と連絡とる必要あるの?もう知らないんだから!」

男「君が一番だよ!」

こんな経験ありませんか??

"フォルダー保存"
それは、まだ「とっておこう」という心理からなるらしい。

その心理は、いつか使えるときがあるだろう。その日のために取っておくのである。

・「フォルダー保存」体質は"未練"からきている?!

未練タイプ別にまとめました。全4タイプ。

【タイプ1】"失って初めて気づく未練"

付き合っているときは、当たり前過ぎてそう思わない。
失って初めてその大切さに気づいたとき、大切だとは思うが、別れたというプライドが邪魔して素直になれない。
「いつか素直になれるまで、取って置こう」という未練。

ちゃんと失う前に「あたりまえの大切さ」に気付けるといいですね。

【タイプ2】"マザコン体質の未練"

別れた時、それはまさに母親に捨てられたような子供の感覚。
彼女は他人なのに、付き合いの過程で母親とリンクしている未練。
その心は…!?

「いつか僕が成長したら母に認められたい。」

そう、また会えるその日まで。キーープ!

成長したな~」とは思うかも知れません。
ただ、そこからまた恋愛に発展するかどうかは別です。

もうおなかいっぱいよ!!

これ以上つきまとわらないで~

【タイプ3】"牧場主願望"の未練

女を「コレクター」として取っておくタイプ。
いかに自分がモテたか、いかにたくさんの女に愛されたか、それを男のステータスだと思っているタイプ。
その心とは…!?

「常に自分の周りにたくさんの女がいる状態をキープしたい。」

誰一人その牧場の群れから離れることなく、一人一人役割に応じて管理していたい。
そして女たちは僕だけを愛してほしい。
ワンマンタイプに多い、支配欲求型の未練。

このタイプは大抵「仕事のできる人(お金に余裕が人)」もしくは「超イケメン」だったりします。
最近は女性を楽しませる「芸人タイプ」の方にも要注意です。
あなたを幸せにしてくれる本当の「デキる男」は安売りする女性を好みません。
決してこういうタイプの「都合のいい女」にならないでくださいね。

このタイプの男を切るときが来たときには
こう言ってあげあしょう。


「牧場に帰れ!!」


・・・ネタにされそうですね。
やめましょう。

【タイプ4】感動的!? "リベンジ"欲求の未練

男はいつか自分が成長したときのために女を取って置く。
その未練は、過去があったから今の自分があるという成長の証しとしてとって置く。

過去の自分は不甲斐がない、情けなかった。しかし、成長して逞しくなったとき、当時苦労かけた女を今なら幸せにできるという欲求のため取っておく。

当時は働きが悪く給料も安かった。彼女が望んでいる幸せ(結婚)をすることができなかった。5年、10年経って、僕が成長して大人になり、彼女がまだ僕のことを好きなら、僕も彼女のことがまだ好きなら、今度こそ結婚しよう。
その日のために取って置く未練。

大抵は「遅いよ!」もしくは、時の流れでその気持ちさえも忘れていくことのほうが多いでしょう。
ただ、極稀にこういう感動的な実話も存在します。

いずれにしても、
男の未練は、「取って置こう」である。

白黒つけれは「取っておく」ことができないから、曖昧の優しさで対処する。

男の恋の終わりは、自然の時の流れによるフェードアウトか、女が自ら白黒をつけて終わりにするしかない。男はいつかのために取って置きたい、自分の成長を待っている生き物でもある。

【引用・出典】
http://blogs.dion.ne.jp/okikawa/archives/8467887.html

・別れた彼が諦められないというあなたへ

「取って置く」という曖昧なキープの優しさに、いつも女たちが苦しむ。
でも、もう大丈夫。「男の習性を知れば」苦しんでいる暇がなくなりますよ。

この世の中にはたくさんの素敵なもので満ち溢れています。
彼のことを考えることだけに時間を費やすのはもったいない!

素敵な場所へ行く、キレイな景色を見ると、きっと、もっと素敵な世界を見たくはるはずです♪

↑鏡を見てみてください。眉毛はボーボーになっていませんか?
自分と身の回りを綺麗にすることから始めましょう!

・「男の習性」を知って、自分磨きを楽しむ方法

男は淋しがりやで、すぐに新しい女にテンションが高くなることを知る。

そして、飽きっぽくてテンションがすぐに下がることも知っていること。

失恋から、一年経とうが二年経とうが、自分が満足するまで自分を楽しく磨く。

「男は取っておいて、後からの成長を期待する」
さぁ、時間をかけて心置きなく自分磨きに精を出しましょう。

本気で自分磨きをやっている最中は、そんなことを考えている暇がないのです。

1 2