男はいつか自分が成長したときのために女を取って置く。
その未練は、過去があったから今の自分があるという成長の証しとしてとって置く。

過去の自分は不甲斐がない、情けなかった。しかし、成長して逞しくなったとき、当時苦労かけた女を今なら幸せにできるという欲求のため取っておく。

当時は働きが悪く給料も安かった。彼女が望んでいる幸せ(結婚)をすることができなかった。5年、10年経って、僕が成長して大人になり、彼女がまだ僕のことを好きなら、僕も彼女のことがまだ好きなら、今度こそ結婚しよう。
その日のために取って置く未練。

出典恋愛日記: 男は恋愛に白黒決着をつけない(ホルダー保存タイプである)

大抵は「遅いよ!」もしくは、時の流れでその気持ちさえも忘れていくことのほうが多いでしょう。
ただ、極稀にこういう感動的な実話も存在します。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

セフレ?恋愛に白黒決着をつけない"キープ"する男の4タイプ。不倫|キスフレ|元カノ

よく恋愛において、男女が別れたあと、男は「名前を付けて保存」女は「上書き保存」なんて聞いたことありませんか?どうして男性は恋愛に白黒決着をつけないの?!別れてからも元カノに普通に連絡を取るなんて、まだ未練があるの?何考えてるんだろう、なんて思った経験はありませんか?ご参考にどうぞ。

このまとめを見る