土佐あかうしの美味しさは、赤身とサシのバランスの良さにあります。旨みを蓄えた赤身は、しっかりと28ヶ月齢程度まで肥育されることで、グルタミン酸やアラニンなど、旨みや甘みを感じるアミノ酸が豊富にあり、これは熟成させることで更に旨みが増します。

出典高知県庁ホームページ - 土佐あかうし(土佐褐毛牛)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

土佐あか牛

土佐あか牛(土佐赤牛)は土佐褐毛牛ともいわれ、絶滅寸前で年間500~600頭しか出荷されていない貴重な品種。土佐あかうしの美味しさは、赤身とサシのバランスの良さにあります。

このまとめを見る