1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

たったの47秒!「短すぎる空の旅」世界で一番短い航空路線のフライトとは?

スコットランド北部のオークニー諸島のウェストレー島とパパ・ウェストレー島を結ぶ航空路線。その世界一短いフライト時間はなんと47秒とのことです。

更新日: 2013年09月16日

maz1000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
118 お気に入り 94132 view
お気に入り追加

世界で一番短い空の旅とは?

英国には世界でもひときわ珍しい路線がある。英国本土の北に位置するオークニー諸島の2島を、飛行時間わずか2分で結んでいるという“世界一短い”航空路線だ。

スコットランド北部のオークニー諸島のウェストレー島とパパ・ウェストレー島を結んでいます。

この辺りは野鳥の観察や古代遺跡が数多く残る観光地とのことですが、今ではこのフライト自体も観光路線として人気になっているようです。

スコットランドの航空会社「ローガンエアー」が運航

設立は1962年。
スコットランドのグラスゴーを拠点とする航空会社で保有する機体は全てプロペラ機だそうです。

この路線は2013年度より競争入札制となったようですが、落札し2016年3月までの継続運航を確保しました。

“世界一短い航空路線”としての世界的知名度もあることにより、諸島間の運航を確保するのは「大きな特権」

風向き次第ではなんと「47秒」の空の旅・・・

時刻表上の所要時間はわずか2分、風向き次第では最短47秒で到着するそうだ。

座席は機体によって若干違いますが、パイロット含め10席程度。
搭乗すると証明書がもらえるそうです。

もちろんフェリーも運航していますが、観光で訪れる場合は飛行機を選択したいですね。

フライト時間より待ち時間の方が長い

チェックインが10分前までなので、むしろ空港での待ち時間の方が長いという、なんとも信じられないことがあるらしい

世界一短い空の旅を動画でどうぞ!

短い時間ですが、とてもキレイな景色が楽しめそうですね。

ちなみにこの路線を運行してきたパイロットも

引退してしまったそうですが、24年に渡りこの路線を運航してきたパイロットのスチュアート・リンクレイターさん。

『世界で最も短い路線を最も多くフライトした』ギネス記録を持っているそうです。

リンクレイターさんは地球を50回、周回するほどの距離をフライトしてきました。このため、世界で最も短い定期便航路を最も多くフライトしたギネス記録も保有している

関連リンク

1





気になった情報をまとめています。