1. まとめトップ

スズメのなる木!?やたら鳥が集まっている木があるのはなぜ?

街頭を歩いているときスズメがたくさん群がっている木を見かけて気になったので調べてみました。

更新日: 2017年07月17日

4 お気に入り 39700 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ahiru222さん

怒濤のチュンチュンが聞こえたから見上げたらスズメのなる木だった pic.twitter.com/zNk8O0MJDE

街頭を歩いているときスズメがたくさん群がっている木を見かけて気になったので調べてみました。

鳥が一本の木に群がっているのはなぜ?

昨日の夕方ごろ、一本の木に鳥が(見えなかったけれど)かなりの数で群がって、鳴き声もうるさいくらいだったのですがあれは一体何なのでしょうか。

木は街路樹で、大きいわけでも特に変わったものでもありませんでした。

こんな状態?
ちなみに、チチチやチュチュチュといった感じの鳴き声ならスズメ、キュルルキュルルという鳴き声ならムクドリだそうです。

スズメの木の正体はこれ

これは塒(ねぐら)、特に集団塒とよばれ、夜間外敵から身を守るためのものだとされています。

夏から秋にかけて、街路樹などに数十から数百羽が集まってねぐらを形成する。

集まることで、体温の維持、翌日の餌場の探しやすさ、睡眠時の安全性の向上などの効果があると考えられている。

営巣期は集団で行動せずにつがいで暮らしているようです。
季節的なものなんですね。

こんな言葉もありました

すずめ‐がっせん 【雀合戦】

多くの雀が木などに群がって騒ぎたてること。

多くの雀が木に集まって争い騒ぐこと。

1