1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

幸せな結婚式にするためのBGMを考えるコツ

乾杯・ケーキカット・余興・ビデオ・手紙・などなど。盛り上げたい、しっとりさせたい、感動的な場面を演出したい時、BGMはとても重要です。私が普段、イベントで選曲する際に実践・注意していること、曲の使い方をまとめてみました。全て自己流ですが、皆さんの参考になればと。

更新日: 2015年11月03日

227 お気に入り 71676 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

T.Ohkiさん

■入場曲で使うBGMの選び方

入場のシーンって曲が流れたら入場するだけだと思ってませんか?

一番カッコいいのはタメを作って扉を開けること。タメを作ることで、ゲストが扉に目線を向ける準備時間になるし、ドキドキ感を演出できるし、扉の重み(気品・品格)も伝わるんです。更には、扉が開いた瞬間の開放感も。

タメを作るために、イントロにメリハリをあるBGMを選曲するといいです。扉がス~ッと開く瞬間が美しくなります。

【意識すること】
・イントロでゲストに「出るよ」と匂わせる
・扉が開く瞬間を綺麗に魅せる

この曲で言えば0:14までタメます。イントロで扉にゲストの目線を集めさせます、ドキドキさせます。そして0:15に扉を開けます。

私の経験ではゲストが集中して待てるのは30秒ほどなので、この曲のようにイントロが長い場合は編集。でもそのまま使いたい場合は、曲を流したら曲のイントロにかぶせて司会者に「さぁ、そろそろ新郎新婦さん、入場の準備が整ったようです。皆様それでは…」と進行で20~30秒ほど潰してもらったりします。

■乾杯で使うBGMの選び方

乾杯に始まり乾杯に終わる、と私は思っています。乾杯がダラーッとなると、結局そのイベントって終始そのレベルの空気感ってことが多い。

ゲストに楽しんでもらうためにも、盛り上がる曲を選ぶ配慮。イントロが長い曲や出だしがスローな曲だと乾杯の掛け声の後に間が出来たり、テンションがズレたりするので調整が必要です。

いい曲を選ぶコツは、「乾杯~!」と言って視聴してみること。ちょっと笑えますが間やテンションを計るのに最適なんです。

【意識すること】
・ここでの主役はゲスト全員
・楽しんでもらえる空気作りを心がける

例えばイントロが長めのこういう曲。こういう場合はスタートさせたい場所で一時停止させておいて「乾杯!」が終わったら再生ボタンを押します。もしくは乾杯の挨拶をしてくれる人と事前に打ち合わせて、乾杯を言うタイミングを決めておくのも手です。

■ケーキカットで使うBGMの選び方

ケーキカットって、ゲストの皆さんが写真を撮りに一斉に前に集まります。この時、演出したいのは「私たち、お蔭様で結婚しました!これから新しい人生がはじまります!」を皆にノロけることです。前に集まってくれる人はそういう幸せな空気を望んでいるので。

だから、定番中の定番な曲とかがお奨めなんです。なぜなら誰でも知ってるから。昔からずっと遊んでいた友人だけがゲストなら、その友人たちとよく聴いた、歌った恋愛の曲をチョイスするのもアリです。

【意識すること】
・対象は目の前に集まってくれた人
・幸せ感を皆は望んでいる
・皆へ幸せを共有できる空気づくり

例えばこの曲。定番の曲で誰でも結婚式で一度は聴いたことあるかもって曲なんですが、結婚式って信じられないくらいの幸せ感で満ち溢れているので、何度使われようがいいものはいいんです!

■スライドショーで使うBGMの選び方

スライドショーの場合、幼少時代から現在に至るまでを紹介することがほとんどです。

幼少時代は何の不自由もなく両親に育てられた、というのが基本なのでゆったり目のテンポがいいです。そこから一生懸命に友人や周囲に人間に支えられ揉まれながら成長してきた時間はテンポアップして活発な感じのBGMにすると展開ができていいです。ただ、女性の場合は全体的にしっとり感があるとゲストもほのぼのします。

※幼少時代の頃って両親も感慨深く見る部分ですので、ゆったりな曲調は遠い時間を演出する際にお奨めです

【意識すること】
・展開を考える
・遠い時間はゆったりとさせる
・成長過程は育ってきた感を見せる

こちらもI Will Follow Himと同じ展開の楽曲。こちらはそれよりもしっとりしています。

■ビデオ・余興で使うBGMの選び方

ビデオ、余興はどうしても内輪ネタになりがちですが全然構いません。なぜなら、新郎新婦に喜んでもらいたい、というのが理由だから。

なので、BGMに関しても何でもアリですね。

■手紙で使うBGMを選び方

前提としてもちろん、感動的でゆったりな曲を選びます。なぜなら、あまりテンポが良すぎたり曲の主張が強すぎると、手紙を読む声が聞こえなくなるし、そこの空気を邪魔してしまうので。

その中からあえて選ぶなら、相手が思い入れのある曲や相手と共通で思い出になっている曲です。例えば両親なら、両親が結婚式で使った曲、子供の頃に一緒に聴いた曲。新郎・新婦なら結婚前のデートで良く聴いた曲とか歌った曲。

【意識すること】
・手紙の邪魔をされない曲を選ぶ
・相手は誰かを考える
・相手の思い出の曲があるかを考える

■退場で使うBGMの選び方

最後は華々しく幸せに退場する義務があります。ここは2人の思い出の曲、もしくは新婦が流したいと思う曲にするべきです。ただし、悲しい曲で締めるのは本当に残念な気持ちになるので控えましょう。


明るくゲストに「今日はありがとう」という気持ちがこもっているものがいいでしょうかね。

【意識すること】
・楽しく締めることを心がける
・二人で自由に選曲しても大丈夫

関連まとめ

1