1. まとめトップ

軽自動車をなめてはいけない

「軽自動車って走らないんでしょ?」「軽自動車ってカッコ悪いんでしょ?」
…そんな考えのあなたにぜひ見てほしい。

ダイハツ エッセ

現代の燃費と広さを追求した車には無いものを持っているこの車。
極限までムダを削減しているが快適さは失われていない。
「一昔前の車ってこんな感じだったよね」と思い出させてくれる。
そしてシンプルではあるが逆に他とは違うおしゃれ感を醸し出している。
元々の車両本体価格が安いので程度の良い中古でも50万円あれば余裕で買える。

ダイハツ ミラジーノ(初代モデル)

一言で言うとミニクーパーのような外観。
外観だけでなく中身も十分おしゃれ。
市場に出回っている数が多くMTもATも両方選べるので選択肢の幅が広い所もポイント。
部品もダイハツ ミラと共通しているものも多数あるのでもしもの時に部品が豊富でもある。

スズキ アルトラパン(初代モデル)

人気車なので予算50万円だと初代モデルがギリギリではあるが狙える。
全体的に四角いデザインが可愛いと評判の一台。
内装もおしゃれである。

三菱 ミニカタウンビー

レトロな雰囲気の一台。
「古臭い」イメージもあるがそこが他の車と差をつけるポイント。
年式が少々古いため価格は安め。
古い車体を買い、十分に整備をしても50万円でおつりがくる。

スバル R2

航空機をモチーフに作られたデザイン重視の一台。
実際に見ると小さく感じるかもしれないが室内の広さはそこそこ。
小さいながら衝突安全性を確保するため細部まできっちりと作りこまれている。
運転しやすく走っていて気持ちのいい車。

1





sugichan0000さん