1. まとめトップ
  2. カラダ

抜くと増えるの・・・?〝白髪〟ができる原因と真実

白髪って1本とか2本生えていると余計に気になりますよね。白髪ができる原因や「抜くと増える」説の真相をまとめました。

更新日: 2013年12月08日

mabosanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
59 お気に入り 145560 view
お気に入り追加

白髪を見つけてしまった…。

そういやとうとうわしにも白髪が生えてしまった ビックリしたわ

白髪を見つけたんだが、俺の年齢的にはこれは「たまたま生えてしまった白髪」なのか「単なる加齢で生えた白髪」なのか判断に迷うな…。たまたま生えたんだよな?な?

人生初の白髪発見に固まった(°_°) 何だ⁈このどーしようもない気持ちは。どーするんだコレ。

白髪ができる原因を知ろう!

白髪は加齢によりできるだけでなく、原因は様々なので心当たりのある方は日頃から注意しましょう。

【加齢以外の主要な原因】
ストレス
食事(偏食や過度なダイエット)
睡眠不足、運動不足、喫煙、紫外線

加齢(老化)による部分は防げないものの、生活習慣による部分は改善できます。

毛髪は毛髄質、毛皮質、毛表皮の3つの透明な層からできています。この透明な層を通して見えるメラニン色素が、髪の色を決めています。実はこのメラニン色素の生産に必要なチロシナーゼという酵素の働きは、40歳前後から衰え始めることが分かっています。

食事の栄養バランスの乱れ、睡眠不足、運動不足、喫煙、ストレスなど、血行を悪くしたり代謝を下げるような生活習慣を送っていると白髪の原因となります。

ストレスも白髪を増やす原因になることがあります。 ストレスは自分では意識しなくても、体内のホルモンバランスを崩してしまうため、このことが原因で白髪を作ってしまう事もあるのです。

紫外線というのは、私たち人間にとって様々な影響を与えるものです。紫外線を浴びることによって、髪のたんぱく質が酸化します。紫外線によって髪と頭皮にダメージが積み重なっていくと白髪が生えてくるようになるというわけです。

白髪は抜くと増えるのか?

「白髪は抜くと増える」という噂や言い伝えがありますが、医学的根拠はないのです。

これは「ウソ」。白髪は、毛髪の根元にある毛母細胞の間にあるメラノサイト(色素形成細胞)で作られるメラニン色素が減少・消失することが原因なので、白髪を抜いても増えることはありません。

白髪というのは、何らかの要因があって、黒いメラニン色素が作られずに、表皮の外に生えてしまう状態をいい、メラノサイトの働きが弱くなっているからで、これと抜け毛を抜くという行為が関係があるというのは医学的根拠がないのです。

白髪の原因というのは、髪の中にメラニン色素が含まれていないことです。つまり、白髪を抜いたからといって、他の髪のメラニン色素が失われるわけではないため、白髪を抜くと増えることはありません。

「白髪は抜くと増える」と思われてきたのはなぜ?

白髪を抜いて黒くなった頭髪に又白髪が出ると、増えた感じに思えるからで、目の錯覚による俗説だとされます。

白髪を一本見つけて抜くと、他にも白髪が無いか探して、見つけ次第抜いている場合は、抜いた白髪の毛根部分から白髪が一斉に生えてくるため、突然白髪が増えるように感じることが原因ではないかと考えることができます。

徐々に増えている白髪のうち、黒髪の中で目についた1本の毛は、光ってとても目立ちます。それさえ抜いてしまえば、いったんは元の黒髪ばかりになると納得するのですが、何かの拍子に隠れていた別の白髪を複数見つけると、一気に増えたような気持ちになるからではないかと思われます。髪はひとつの毛穴(毛根)から、だいたい2~3本集まって生えています。

とはいえ、白髪は抜けばいいものでもない

抜くと毛根や逃避にダメージを与えることになるため、抜くのはやめましょう。

抜いてしまうと毛根にダメージを与えてしまうことになります。それは髪の健康には良くないことですから白髪は抜かない方がいいでしょう。

毛根には、2・3個の毛穴があり、頭皮からしっかり生えている髪の毛を無理やり抜くと、毛乳頭・毛母細胞までもが一緒にちぎれてしまいます。その為、毛乳頭はダメージを受け、メラニンが髪に浸透しなくなり、薄毛や髪の再生を阻害してしまう可能性がある。

白髪を抜いても髪の毛が生えてこないことは稀ですが、少しでもその可能性があるため、白髪は抜かない方が良いと言えます。自然に生えている毛を無理やり抜くわけですから、肌に負担がかかります。

気になるようなら「ハサミで切る」「白髪染め」

白髪の量が少なければ切る。
多ければ染める。

白髪染めを使うか、根元からハサミで切るようにしましょう。

白髪がどうしても気になる場合は、手っ取り早く染めるという方法はあります。まだそれが染めるほどの量でなければ、少し面倒ですが抜かずに根元に近いところで切って、目立たなくするという方法もあります。

1





明日は明後日の風が吹く。
見やすいまとめを作っています。
なんでもないような「まとめ」が珠玉だったと思う~
http://bit.ly/ryoyWz

このまとめに参加する