1. まとめトップ

「塚田農場」で有名なエー・ピーカンパニーの仕入れがすご過ぎてもはや常軌を逸していると話題に

「新鮮」で「質の高い」料理が食べられる居酒屋「塚田農場」などを運営する「エー・ピーカンパニー」の仕入れについてまとめてみました。

更新日: 2013年09月24日

72 お気に入り 218553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuta_fksmさん

エー・ピーカンパニーのすごさは仕入れ!

自社漁船による定置網漁で水産でも一次産業へ参入

そもそもエー・ピーカンパニーとは?

全国で141店舗 ( 直営97店 / ライセンス44店 )を構える。

徹底したミッション!

食産業における生産者・販売者・消費者のALL-WIN

地頭鶏を自社養鶏場と13の契約農家から直接購入することで、高品質な地鶏を安く仕入れることに成功。

従来、地鶏を提供する居酒屋の客単価は7000円ぐらいだったが、客単価4000円で提供!

自社4カ所、委託先農家26カ所で育てた地鶏の使用により客単価4000円で提供できている。

生産者と飲食店の相乗効果

以前は育てた鶏を、農協や大手商社に決められた価格で納品していたので、その先のことを意識もしたことがなかった生産者が、時代やマーケットのニーズを知り、エンドユーザーの事を想像することで、単なる農業生産者から、農業経営者に意識を変化させた。

遠く離れた”地鶏不毛の地”北海道でも生産者直結のノウハウを応用

自社養鶏場の農場長にはAPカンパニーの新卒2期生が就任するなど、地域に根ざした末長い事業を北海道でも確立。

人口約57000人の宮崎県日南市で100人の雇用を産んだ!

APカンパニーが生産者とともに培ってきた「生産者直結」のノウハウを、より多くの地域・生産者との直結事業により、一次産業活性化を促進した。

希少部位、牛ホルモンの仕入れ

人と人との信頼関係がもたらす希少部位の安定供給

実績のある業者から高品質なモノだけを仕入れ

「上質なものしか扱わない」というこだわり

「自信を持ってお客様にオススメできる素材のみを使用し、間違いなく美味しく食べてもらう」という仲卸業者さんとの約束を胸に、今後も地に足を付けた店舗展開

”築地直送を超えた”魚の仕入れ!

その日の朝まで海を泳いでいた魚を都心の店舗でも食べられる!

日本有数の漁場でその日の朝獲れた魚を東京の店舗で提供するために、空輸便に乗せ、午後14~16時に店着。これにより、その日の朝まで海を泳いでいた魚が、夕方には都心の店舗でも食べられるようになった。

1 2