1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

bonten92さん

アメリカ、イギリスのAmazonでは評価がともに満点の五つ星

■著者:あずまきよひこ

■出版社:アスキー・メディアワークス

■掲載誌:月刊コミック電撃大王
■レーベル:電撃コミックス

■出版日:2003年3月 -

■巻数:既刊12巻

海外のAmazonのレビュー

※上記のリンク先のレビューを翻訳したものです

きっとあなたの心をくすぐる!

9歳の娘がマンガに夢中なの。
ある日彼女が学校から帰ってくるとこの本を私の手に放り投げていったの。
ママに宿題があります。これを読みなさい!って。

私は時間を作って一週間後にそれを読んだわ。
だけど、一旦読み始めると止まらなくなってしまったの。
私は仕事を放り出してこの本を読んでしまったわ。
この本は面白く、温かくて陽気、そしてとてもすばらしい本だと感じたの。

この漫画の主人公は緑髪の小さな女の子よつば。彼女は自分の世界にいきている。
彼女は"I Love Lucy" のルーシーを小さくしたような子。

電柱に上ってセミのように泣いたり、用もないのにドアのチャイムを鳴らしたり、お父さんがカーテンを見ている間に、デパートに置かれているベッドで眠ってしまったりするの。
彼女はかわいく、刺激的で、そして何をするか予測できない。

他の登場人物もとても魅力的。
友人のジャンボは祖先がキリンだといったり、隣の家の三姉妹の一人は、よつばを助けようとトラブルに巻き込まれたり、どのキャラクターも親しみにみちていて、とても個性的なの。

私はこの本を読んだ後、7歳の息子にもこれを読むべきだと言って与えたわ。
彼は二、三ページ読んだだけでもうはまってしまった。
そして1日で読み終えてしまったの。

もしあなたが心の温まるマンガを読みたいなら、ぜひこれをおすすめするわ。

緑髪の女の子!

彼女はちょっとおかしな子?それともエイリアン?
たとえどっちだとしても、よつばはちょー元気で、エネルギーの固まりみたいな子。
彼女は私の二人の甥を思い出させる。

この物語は、はじめ新しい街に父親と一緒に引っ越してくるところから始まる。
彼女はみんなを困惑させながらも、すぐに友達を作ってしまう。

あずまんが大王を描いた人の新しく始まったすばらしいシリーズ。もう二巻目も手に入れちゃった。

良質な時を過ごすためのすばらしい方法

このマンガは常に奇妙な雰囲気をかもしだしていて面白い。
これは、小さな少女が、新しく引っ越してきた近所で織りなす冒険である。

あずまきよひこの他の作品に「あずまんが大王」があるが、このマンガは一貫して甘く優しい物語である。
このマンガは、日常のすばらしい部分のみを描写している。
いずれアニメ化されるだろうが、私はそれまで待てない。

あずまんが大王を知らない人は、このマンガが「カルビンアンドホッブス」に似ているものであると想像すればよいだろう。
両方とも、似たような主題で、ともにすばらしい良質のマンガである。
どちらの作品も、小さな子供とともに興味深い時をすごし、生活のすばらしさと喜びを与えてくれる。

可愛くてクレイジー

よつばとは、あずまんが大王を書いた天才あずまきよひこの最新作である。
私は、とても高い期待をもってこの本と出会った。
よつばとはあずまんが大王の荒々しさと癒しを持ち、より可愛いらしいものである。

この物語は四歳ぐらいの女の子が、彼女の父親と引っ越してくるところから始まる。
彼女はまもなく、近所の綾瀬姉妹と出会い、クレイジーな冒険を始める。

よつばには、ほれぼれさせられるが、彼女は周りの世界に対してなんの手がかりももっていない。
もしあなたがあずまんが大王を呼んだことがあるのなら、ちよちゃんや、大阪とクロスする部分があるかもしれない。

あさぎとふーかと、えなの三姉妹はとてもすばらしいキャラクターです。
そしてまた、だらしないよつばのとーちゃんやその友達やジャンボもです。

絵柄はとてもシンプルですが、とてもよいです。キャラクターの造形はとてもよく、背景もすばらしい。主題にとても良くマッチしています。

もしあたながあずまんが大王を気に入っているなら、ぜひよつばを手に取ってみてください。
決して、はずれることはないでしょう。
もし、あずまんがを読んでいなくても、とにかく読んでみて。
この本は、万人にすばらしいと思われるマンガです。

よつばと第9話『復讐』の真似をする外国の女の子

1