1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

MonohaStarさん

岩手県には「ビスケットの天ぷら」というものがあるらしい

ビスケットの天ぷら発祥の地は岩手県西和賀町

「ビスケットの天ぷら」は、西和賀町の郷土食のひとつです。食糧が不足していたその昔、希少なビスケットに米粉の衣でボリュームをくわえて食べたのがはじまりとされています。

ちょっと切ない誕生エピソード。

西和賀町以外では一部の居酒屋においてる程度の隠れ地元名物。

居酒屋のメニューにもあるんですね。

もちろん家庭で作ることもできます

作り方の流れ

まずは、衣を準備します。衣には米粉を使うのがポイント。

米粉と市販の蒸しパン用のミックス粉、天ぷら粉を同量ずつ混ぜ合わせ、水で溶いて作るとさらにおいしい。(できた衣は固めで、天ぷらの衣というよりはホットケーキの生地のよう)

使うのはイトウ製菓の「かーさんケット」。昔ながらの素朴な小麦粉の味がするビスケットです。

衣をたっぷりとつけたら、中温の油で揚げていきます。揚がるにつれて、衣がぷっくりと膨らんでいき、揚げパンのような仕上がりになります。

作ってみた

かーさんケットの天ぷらしたー!! 感想*ふつーにイケル♪。ふわっカリ!上手い♪。不思議と芋天の味がする。ビスケットの天ぷらっちゃー天ぷらww http://twitpic.com/1cm2kl

かーさんケットの天ぷら!!!!!!!! うめえええええ!!!!!!!!!!! http://twitpic.com/1wysxn

☆上手にできると、ただ衣がついてるだけじゃなくて、ビスケットが膨らむみたいですね。一度、岩手で本場のビスケットの天ぷらを食べてみたいな。

1