1. まとめトップ

電話代行マル秘情報!電話代行会社のHPではわからないここだけの話

電話代行業者って何?怪しいの?でも、ベンチャー、自営業者、大手企業まで使っていたりする。意外と今、数億円や数十億円規模になっている経営者は、起業時に使っていたとかいう話も、聞く。どんな業者が怪しくて、どんな業者が良いの?営業マンからは教えてもらえない。ここだけの話。

更新日: 2013年12月21日

2 お気に入り 5201 view
お気に入り追加

電話代行とは、メール、電話、お客様、取引先との大切な接点を大事にされる方が利用しているサービス。今、ネットやオンライン、また担当者の携帯に直接電話をかけることが多く、事務所への電話の数は、確実に減っています。それなのに、成長している企業が電話代行を利用しているのには、わけがあります。

電話代行サービス、最初は怪しいと思っていました!でも、実際には、大手企業も、弁護士事務所も自分のような普通の自営業者も使っていて、使ってみると、じわっと効いています。ああ、だからみんな使ってるんだと納得。

でも、やっぱり電話代行会社って怪しい会社もいっぱいです。

電話代行サービスを提供する会社には大体4つの種類があることを発見!
1.電話代行というよりもコールセンター代行に強い。数十人以上、100人体制とかの受注センターやカスタマーセンターにお薦め!月々も数百万以上を対象?
2.レンタルオフィスから派生した電話代行会社。来店とかの対応もしているためか、応対の感じはかなり良い。また、中小企業向けの電話システムを使っているため、1万円ぐらいから数十万円
単位までのコール数ならお薦め。機能的にも内線のように携帯につないでもらったり、新規獲得とかクレーム対応時にも、柔軟に対応できる。
3.かなり歴史は古い黒電話が壁にかかっていて、おばちゃんが、50台の電話に1人で対応していた。今でも、携帯電話のレンタルやコール数無制限のようなところは、元々こういった会社だったところもある。
4.便利屋さんがやってる電話代行、ビジネスではなく、嫌がらせとかのややこしい電話にただ単に受けてもらうようなもの

1.大手コールセンターが提供する電話代行サービス

2.レンタルオフィス会社から派生した電話代行サービス

3.ここでは書けないが、10年前とかは、壁に黒電話が50台ぐらいかけられていて、おばちゃん1人で対応していた

黒電話に会社名がかかれていて、訪問するとおばちゃんが割と丁寧に説明してくれるが、黒電話の何台かが鳴っていてもほったらかしだったため、こちらが気になって説明をきけなかった。数件聞いた社名は、何とも言えない社名だったです。

今ある業者の中で、03や06の逆転送のサービスが充実している会社が、元々こういう会社だった可能性もあり

4.便利屋さんがやっている電話代行

これは、最近出てきた怪しいですね。在籍確認とか、退職電話代行とか意味不明です。

1.2は、使えるし、怪しくないですね。ファ〇コンのメーカーや、大手飲料メーカーのア〇ヒ、公共機関とかも使ってましたし、現在も多くの大手企業も使っています

1.コールセンターから派生したところは、元々大規模数十人とか数百人とかのカスタマーセンターや受注センター向けだから

アルバイトやパートとかで人がコロコロ入れ替わるみたいで、また、電話を受けるときにCTIシステムというのを使っているが、それも、大規模用に作られているせいか、かゆいところに手が届かに感じ。でも、出てくるデータは、すごい!

レンタルオフィスから派生した電話代行会社は、ベンチャーや中小、自営向け。

同じようにCTIというシステムを使っているが、昔の電話代行サービスみたいに、電話したときにいつでも外出中という応対ではなく、オフィスの内線のように携帯電話につないでくれたり、つなげないときだけ、応対して、すぐにメールを送ってくれたりする。

電話代行サービスは、ボイスワープとかで電話転送するから、地元の会社が良いというのはうそ!

現在は、マイラインや050のIP電話で市外県外の通話料も、市内の通話料も全く変わらないか、代わっても数円程度なので、サービス品質や利用料の差の方が大きい。利用料も要注意!基本料はあてにならない。人件費が安い分、東京以外の業者の方が結局は安くつく

クライアントを信じているけども、甘えない。不安にさせない。不満を感じさせないなど、人間関係を大切にされる起業家が使っています。

弁護士事務所や税理士事務所も最近利用が増えています。

マッサージ治療院や歯医者、病院も利用しています。

本当は、事務員雇って、電話対応の教育をしっかりして、モチベーションの管理まですれば完璧。コストに見合うなら、そこまでするべき!

事務員を雇う、アルバイトを雇う場合は、最初に求人広告の費用10万円ぐらい、面接、それから採用。給料、交通費、社会保険の半額負担。国民年金のままいくなら、それに伴うリスク。モチベーション管理のために、ご飯に連れていったり、気を使ったり、起業時にそこまでやるのか、それとも電話代行サービスなどの外注に出すのか?それはあなたの判断です

ボイスワープ等で携帯電話に転送すれば、OK?

1 2





penetrating88さん



  • 話題の動画をまとめよう