1. まとめトップ

薬剤師転職を考えている方へ

薬剤師転職を考えている方へまとめでみました

更新日: 2013年12月05日

yakurikuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2488 view
お気に入り追加

薬剤師の転職市場

薬剤師に転職、または就職を希望する人が年々増加しています。近年の不況により、収入や生活の安定を望む人が増えていることが起因しています。数ある職業の中でも何故、薬剤師に転職を希望する人が増えたのか。

それは日本の高齢化社会に伴って薬の需要が増えると同時に、薬局やドラッグストアで医薬品を扱える資格を持った人材が必要とされるようになったからです。こうした日本の状況が就職難の中でも薬剤師が注目されるきっかけとなりました。

薬剤師の仕事は、一般的に「転勤が無い」「高収入」「残業が少ない」といった、他の業種に比べると好条件なイメージが多く持たれています。さらに薬剤師への転職は、2006年に薬学部が4年制から6年制に移行となったことで新卒者が現れない2010年と2011年の2年間が最大のチャンスと言われ、流れに拍車を掛けることとなりました。

しかし、2012年現在は飽和状態になりつつあります。飽和状態では薬剤師に転職を考えている人や就職したい大学生が行き場の無い状況に陥ります。そこに市場価値があると見出した人達が登場します。その人達は薬剤師の転職や就職に特化した場を設けました。

今では一般的に普及しているインターネットを利用した専門転職サイトをつくり、企業と人材を繋げようと考えたのです。薬局やドラッグストアの企業側は常に良い人材を探しています。一方で人材は働ける場所、もしくは今よりも良い職場を探しています。

この双方のニーズを繋げる橋渡し役になることが、大きなビジネスチャンスとなっているのです。後に続けと多くの転職サイトが乱立していますが、資格や仕事の正確性だけでなく、コミュニケーション能力などの人間性を充分に考慮した上での採用を目指す為、人と人を繋げるといった考えが1つの大きなポイントになっています。

薬剤師は転職が多い

薬剤師の転職の理由として、「自分の生活スタイルに合わせて、勤務の状況を変えられる」ということです。家庭との両立を考えると、フルタイム勤務は難しいけれど、バイト・パートとしての勤務はできるし、職場も企業に勤める・病院や薬局に勤める・ドラッグストアに勤めるなど、様々な方法があります。

また、薬剤師の転職のメリットとしては「Uターン・Iターン就職がしやすい」ということも、挙げられます。地方によっては、薬剤師不足が深刻であり「薬剤師として働いてくれるなら」と待遇を非常によくして、薬剤師を迎えてくれる地方もあります。

薬剤師の給与は、業種・業態によって非常に異なるのですが、仕事の責任の重さ・仕事の種類などもそれぞれ異なってきますので、一概に「どの働き方が一番いい」とは言えません。企業で働くと、30代で1000万円を稼ぐ人もざらではありません。

しかし、今後、薬剤師の転職のデメリットが、現れてくる可能性が高いです。今までは「薬剤師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがありました。ただ、薬剤師のアルバイト・パートの人材募集が減っています。パートやアルバイトには「希望する時間帯が似てしまう」というデメリットがあります。

薬剤師の転職のデメリットとしては「大学の薬学部・薬科大学の4年制から6年制への移行が済み、新卒者がたくさんうまれるため、安易な転職を繰り返してきた人ほど、不利になる」と言えます。長く働いてもらえる人、職場に定着する確率が高い人を、病院・薬局も歓迎するようになるでしょう。

働ける環境整備の必要性

薬剤師の転職理由の主なものとしては、他の職種と同様に、収入、仕事内容、仕事上の悩み、自分のキャリアアップ、技術・技能関係といったものがあげられています。

収入面で不安を持ち、より多くの収が得られる職場を探し求める人は多いのです。しかし、薬剤師という専門職といえども働く環境は多様化しています。

以前は診療所や病院等の医療機関、製薬会社などの企業及び街の薬局などが主たる職場でしたが、今は医薬分業の進展に伴い調剤薬局や全国展開するドラッグストアなどが増えてきています。

こうした職場では、個人の抱える条件に合わせて勤務しやすいように、パートや契約社員、勤務時間帯などに様々な区分を設けて薬剤師が転職しやすく、働きやすい環境を用意しています。

パートの時給は1800円から2500円が相場と言われていますので、主婦の有資格者でパートを希望する人は多いようですが、人気の高い時間帯を希望する場合などでは、1日は夜間勤務を入れないと採用されないなど、採用の条件も厳しくなってきていると言われています。

現在の社会システムの中では、高収入を安定的に得るためには正社員での勤務が第一ですが、家庭の主婦にはフルタイムの勤務が困難な人が多いのが実態です。ここでも、看護師の場合と同様に、そうした人々でも働きやすい仕組み・制度を整えていくことが必要です。

苦労して習得した知識や技術を眠らせることなく、薬剤師が転職しても社会の中でその資格を有効に生かしていけるように働く環境を整備していくことが強く求められています。

それにしても地元の薬剤師さん、ちょっと質問すると色々知識披露してくれて楽しい上に勉強になる( ´艸`)

@hiiirrrooo まじっすかっ!おろろん(´・ω・`) 確かにこれは楽しい発見!!!薬剤師きたよ!薬剤師の時代がきたよ!!!\(^O^)/

明日から実習か…実務事前実習。 薬剤師、果たして私には向いているのだろうか。 調剤とか服薬指導とか疑義照会とかやってる自分が全く想像できない。 やってるうちに、好きになるのかな、楽しいと思えるのかな… こんな状態で人の命に携わる仕事をしちゃいけないと思うんだな、うん。←

やっぱりこんなことしてる時間大好き。 こんなことをずっとしていられる仕事って 絶対楽しいに決まってる。 薬剤師っていう夢もあるけど、 昔から空想してきた夢も目指したい。 欲張りすぎだろうけど、 夢見るだけは許してほしいな、とか思う。

@umeekarikari 患者さんがよくなったのです。嬉しくて嬉しくて…楽しいといいね(^^)薬剤師の実習ってなにやるのー?(^^)

@severus82 楽しいよd=(^o^)=b解剖だとやっぱり医師だね。確かに薬剤師とかもやってそうだな~(*´∀`)

薬剤師のお仕事なかなか良い感じの所からオファーが今の所8ヶ月務めたので、そろそろ転職しようかな来週面接楽しみ

1





yakurikuさん

気になった情報をまとめていきます