薬剤師に転職、または就職を希望する人が年々増加しています。近年の不況により、収入や生活の安定を望む人が増えていることが起因しています。数ある職業の中でも何故、薬剤師に転職を希望する人が増えたのか。

それは日本の高齢化社会に伴って薬の需要が増えると同時に、薬局やドラッグストアで医薬品を扱える資格を持った人材が必要とされるようになったからです。こうした日本の状況が就職難の中でも薬剤師が注目されるきっかけとなりました。

薬剤師の仕事は、一般的に「転勤が無い」「高収入」「残業が少ない」といった、他の業種に比べると好条件なイメージが多く持たれています。さらに薬剤師への転職は、2006年に薬学部が4年制から6年制に移行となったことで新卒者が現れない2010年と2011年の2年間が最大のチャンスと言われ、流れに拍車を掛けることとなりました。

しかし、2012年現在は飽和状態になりつつあります。飽和状態では薬剤師に転職を考えている人や就職したい大学生が行き場の無い状況に陥ります。そこに市場価値があると見出した人達が登場します。その人達は薬剤師の転職や就職に特化した場を設けました。

今では一般的に普及しているインターネットを利用した専門転職サイトをつくり、企業と人材を繋げようと考えたのです。薬局やドラッグストアの企業側は常に良い人材を探しています。一方で人材は働ける場所、もしくは今よりも良い職場を探しています。

この双方のニーズを繋げる橋渡し役になることが、大きなビジネスチャンスとなっているのです。後に続けと多くの転職サイトが乱立していますが、資格や仕事の正確性だけでなく、コミュニケーション能力などの人間性を充分に考慮した上での採用を目指す為、人と人を繋げるといった考えが1つの大きなポイントになっています。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

薬剤師転職を考えている方へ

薬剤師転職を考えている方へまとめでみました

このまとめを見る