薬剤師の転職の理由として、「自分の生活スタイルに合わせて、勤務の状況を変えられる」ということです。家庭との両立を考えると、フルタイム勤務は難しいけれど、バイト・パートとしての勤務はできるし、職場も企業に勤める・病院や薬局に勤める・ドラッグストアに勤めるなど、様々な方法があります。

また、薬剤師の転職のメリットとしては「Uターン・Iターン就職がしやすい」ということも、挙げられます。地方によっては、薬剤師不足が深刻であり「薬剤師として働いてくれるなら」と待遇を非常によくして、薬剤師を迎えてくれる地方もあります。

薬剤師の給与は、業種・業態によって非常に異なるのですが、仕事の責任の重さ・仕事の種類などもそれぞれ異なってきますので、一概に「どの働き方が一番いい」とは言えません。企業で働くと、30代で1000万円を稼ぐ人もざらではありません。

しかし、今後、薬剤師の転職のデメリットが、現れてくる可能性が高いです。今までは「薬剤師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがありました。ただ、薬剤師のアルバイト・パートの人材募集が減っています。パートやアルバイトには「希望する時間帯が似てしまう」というデメリットがあります。

薬剤師の転職のデメリットとしては「大学の薬学部・薬科大学の4年制から6年制への移行が済み、新卒者がたくさんうまれるため、安易な転職を繰り返してきた人ほど、不利になる」と言えます。長く働いてもらえる人、職場に定着する確率が高い人を、病院・薬局も歓迎するようになるでしょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

薬剤師転職を考えている方へ

薬剤師転職を考えている方へまとめでみました

このまとめを見る