薬剤師の転職理由の主なものとしては、他の職種と同様に、収入、仕事内容、仕事上の悩み、自分のキャリアアップ、技術・技能関係といったものがあげられています。

収入面で不安を持ち、より多くの収が得られる職場を探し求める人は多いのです。しかし、薬剤師という専門職といえども働く環境は多様化しています。

以前は診療所や病院等の医療機関、製薬会社などの企業及び街の薬局などが主たる職場でしたが、今は医薬分業の進展に伴い調剤薬局や全国展開するドラッグストアなどが増えてきています。

こうした職場では、個人の抱える条件に合わせて勤務しやすいように、パートや契約社員、勤務時間帯などに様々な区分を設けて薬剤師が転職しやすく、働きやすい環境を用意しています。

パートの時給は1800円から2500円が相場と言われていますので、主婦の有資格者でパートを希望する人は多いようですが、人気の高い時間帯を希望する場合などでは、1日は夜間勤務を入れないと採用されないなど、採用の条件も厳しくなってきていると言われています。

現在の社会システムの中では、高収入を安定的に得るためには正社員での勤務が第一ですが、家庭の主婦にはフルタイムの勤務が困難な人が多いのが実態です。ここでも、看護師の場合と同様に、そうした人々でも働きやすい仕組み・制度を整えていくことが必要です。

苦労して習得した知識や技術を眠らせることなく、薬剤師が転職しても社会の中でその資格を有効に生かしていけるように働く環境を整備していくことが強く求められています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

薬剤師転職を考えている方へ

薬剤師転職を考えている方へまとめでみました

このまとめを見る