提供:日経トレンディDigital

「日経トレンディ」がもはやトレンド雑誌の域を超えてた

日経トレンディがトレンドを押さえてるどころか、超絶細かい商品分析、買い物の裏ワザがてんこ盛りでびっくり。いい意味で裏切られた、老舗情報誌の、とくに役立った特集をいくつかまとめてみました。

更新日: 2013年10月04日

539 お気に入り 429838 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

編集部の「高級家電」テストが本気すぎる

想像を超える編集部の徹底検証は見ものです。

毎回洗う部品の数や手入れのしやすさ、本体の設置面積から蒸気や音の出方までを細かくチェック

いきなり検証項目がきびしい。

「各社の特別コースで3合を炊飯。炊き上がりの味(味や粘り、食感など)や保温せずに5時間放置し、味が落ちていないかを試食した」

やっぱり重要なのは味ですからね。

てこれ、編集部マジ体当たりだったww

試したのは人気の高級ミキサー3種。
右端がバイタミックス。

「バイタミックスはスムージーの滑らかさでは突出していた。一方、作動音は大きく回転による温度上昇は30℃近くに」

温度までΣ (゚Д゚;)でも説得力はありますね。

各社タブレット製品も細部までチェック。

各製品の重さや駆動時間は公称値に頼らず、実際に計測したモノを掲載

あくまで実測値にこだわる徹底ぶり。

安く買うためには「裏ワザ」まで駆使。

ネットショップでの「底値買いテク」を披露。

楽天市場のサイト上で獲得できる「ラ・クーポン」を使えば、表示価格価格より安く購入でき、半額以下になるものも数多い

何それおいしい!

海外ブランドなら米国の通販サイトの商品が買える「アメリカ・ダイレクト」を利用すれば、現地価格と同水準で購入可能。小さくて高価なものなら送料を含めても得

マニアックな楽天の個人輸入サイトを紹介。

コスパへの追求が神がかってる (;・∀・)

この%は何の数字?

ある有力チェーンの食材原価率表を入手。食材原価率が50%を上回った”必食ネタ”は、生ズワイガニ(約65%)、養殖のタイ(約63%)、養殖のウナギ(約53%)だった

そう、原価率でした!>画像の%

シャリの形状が良いのは1貫20gだが、実際にチェーン3店のシャリの重さを測ると、一様に1貫18gだった

シャリの仕上がりまで。。もはやどこを目指してるのかわからないw

セリア、キャンドゥ、ワッツ(店舗名シルク、meets)、大創産業(店舗名ダイソー)ら国内大手4社の戦略に迫ります。

100円ショップに並ぶ何千何万もの商品の中から、378人のアンケートや聞き取り調査で集めた声を分析し、商品をランキング

もはや安定のトレンディ検証力。

100円ショップで最も売れている商品のひとつ、フローリングワイパー用取り替えシートは1枚当たりの価格と重さを検証。「ワッツ」のウェットシートが3.5円、10gで水分が多くお買い得

水分まで…!ありがとうございます。

お得情報はアプリでもチェック可能

雑誌「日経トレンディ」がまるっとアプリに。
アプリ自体は無料でダウンロード可能です。

編集長が消費トレンドを解説するポッドキャストを毎週、無料配信。その他、無料のコンテンツも充実している。

ちなみに編集長は女性。意外(´・∀・`)

1