出典 img.blog.world-runner.net

平均的な人間が、惰性で自由に生きていく場合と、宗教を信仰して生きていく場合、必ずしも無宗教の方が合理的な選択ができるとは限らない。とくに、ユダヤ教のように知識吸収・リスク分散を潜在的に行う宗教であればなおさらである。私たちの多くは、複雑なものを目の当たりにすると思考停止し、成り行きに身を任せようとしてしまう。それは私たちの文化がそういうものだということを許容しているだ。一方、ユダヤ教徒はそのような思考停止を許容さない。考え続けることを当然とするからである。

この情報が含まれているまとめはこちら

ユダヤ人が長い間迫害されてきた理由

ヨーロッパで「ユダヤ人問題」といわれる問題はなぜどのように発達していったのでしょうか? 売春・金貸し・奴隷売買といったイメージからか、陰謀論に陥りやすいユダヤ人問題ですが、なるべくそうならないように、その宗教と文化の成り立ちから追いかけてみました。

このまとめを見る