1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

電車の中で絶対に読んではいけない?笑えるものから涙してしまうものまでお笑い芸人が書いた本

今日様々な分野で活躍するお笑い芸人。今回はお笑い芸人が書いた本をまとめてみました。

更新日: 2013年09月21日

1171 お気に入り 387048 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3040さん

ブラックマヨネーズ吉田敬のぶつぶつ/ブラックマヨネーズ 吉田敬

モテたくて入ったお笑いの世界で、気づけば「ブサイクランキング」はおろか「抱かれたくないランキング」でもつねに上位にランクイン。

「こんなはずではなかった」と恨み抱く後ろ向きな思いのたけを、ぶつけ続けたエッセイです。

せこくて卑屈だけれどここまで開き直った前向きな姿勢は、キレずに笑って生きようと提唱する鈍くさい作家のエッセイよりもよほど笑えました。

薄毛の品格/ブラックマヨネーズ 小杉 竜一

「薄毛は誇りだ!!」「ハゲてて何が悪い!!」全国の“薄毛男子”必見!?ブラックマヨネーズ・小杉による薄毛の人を応援する薄毛ネタ本!!薄毛について語るエッセイ、シチュエーション別薄毛コミュニケーション術、あの有名人との薄毛対談など、盛りだくさんの内容。薄毛な人も薄毛じゃない人も、男性も女性も、誰もが笑える薄毛指南本が登場!!“薄毛戦士”と自称する小杉竜一の熱くてハゲしい想いがつまった禁断の初著書です。

これはハゲてる人のみならず、コンプレックスをお持ちの方全てに、そして大切な誰かがコンプレックス所持者であるという方全てに、そして一人暮らしで孤独な方全てに、そして何かしら辛い方全てに読んで欲しい『辛い人生をホッコリさせてくれる本』です。

有吉弘行

オレは絶対性格悪くない!

豚の死骸・へらちょんぺ・チャラすべり・理屈シャクレ・おしゃべりクソ野郎……。
毒を含んだニックネームを他人に付けてはうすら笑いを浮かべ、どこに行ってもテンション低め。
「性格が悪い」芸人として暗躍する有吉弘行。
はたして、有吉は本当に性格が悪いのだろうか?
己のアイデンティティを懸けて有吉が無実を訴える、入魂エッセイ!!

嫌われない毒舌のすすめ

上手な媚びへつらい&ヨイショをマスターすれば面倒な人付き合いが楽になる!上司や先輩に取り入り、後輩をたらし込んで転がす逆説的な処世術入門。

人生への迷い、ストレスのある方は
読んでおいて損はないどころか
かなりオススメです。

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」

猿岩石時代の月収2千万円から一転、給料ゼロのどん底生活に陥ったお笑い芸人・有吉弘行。天国と地獄を味わった男だからこそわかる不況社会を生き抜く50の知恵。明るい未来なんかクソ喰らえの「毒舌生存論」を学べ!

どっかの社長の小難しい面倒くさい本よりよっぽど分かりやすい。
成功と挫折を短期間で味わった有吉だからこそ語れる
リアルな内容。

千原ジュニア

14歳

14歳の少年はある日、部屋にカギを付け、引きこもりを始めた。僕は誰になるんだろう。いつこの部屋を出ることができるのだろう―。見えない将来への不安。過ぎていく時間への焦り。「普通」を求める大人への苛立ち…。様々な思いを抱えて少年は自分探しの旅に出る。「戦うべきリング」を求めて彷徨う苦悩を描いた大ベストセラー小説。

男だから、とか、子供だから、という「そのとき自分に与えられた、やむにやまれぬ条件」を考えに入れず、本当に純粋に「自分」を追及していった、祖母が「正直すぎるだけなのにね」と表現する14歳の少年の、真実の記録だと思います。

ラストに出てくる兄の靖史さんが神様のように見えてしまいました。

すなわち、便所は宇宙である

日夜、自室のトイレで繰り広げられる“Jの瞑想”。
千原ジュニア本人が無意識かつ衝動的に
便所ノートに書き綴った魂の全88本を、
自ら完全解説した笑いの哲学書。

バカリズムさんがツイッターでこの本を絶賛していたので、どんなものかと読んでみたら活字の本一冊読み終えるのに何週間もかかる自分が数時間で読破してしまう程に熱中して読みました!読んでみればこの気持ち絶対に共感するはず!!!!!!!!!

「答え」

大阪の二丁目劇場でカリスマ的人気を得て、現在、大阪・東京を拠点にライブ・DVD・TV・映画など大活躍中の千原兄弟。天才的な笑いの才能を持つ弟、千原Jr.のお笑い ネタ本が遂に発売! 内容は、あるお題に対し千原Jr.独特のセンスで答えを出していく。大喜利では右に出る者がいないほどの実力者、千原Jr.の発想に思わず吹き出 すこと間違い無し!408ページのボリュームで読みごたえも十分あり。お笑いファン必携!

こんな大喜利本は見たことない!!
大爆笑必死!!
Jrさんの天性の才能にはただただ脱帽!!
この面白さ、この値段、このボリューム言うことなし!!

他に多数の著書があります。

さまぁ~ずの悲しいダジャレ/さまぁ~ず

「ネコが寝込む永遠に…」「…死んだのか?」「サルが去るこの世から…」「死んだんだ。」 すぐ笑える! 何度でも笑える! さまぁ~ず「最強」のお笑いネタついに出版化!!

つまらないダジャレが一言加えるだけでこんなに変わるのか?
そのたった一言で面白くなるから不思議。
ただし電車の中で絶対に読んではいけない。
笑いをこらえるの大変だから。

1 2 3 4