1. まとめトップ

1円を笑うものは1円に泣くというのは現代のほうがシビアという現実

キャッシングローンを利用したことがないという人は少数派です。クレジットカードも貸金業の金融サービスのひとつだからです。信用情報は期限がありますが一定期間情報として保管されています。

更新日: 2013年11月05日

3 お気に入り 4884 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

InfoWhnさん

◆4円の返済を迫られる話、取り立てはそれ以上のコストが・・・

アコムに4円の返済を迫られたという記事

こういった記事を見つけました。

◆999円以下の残債は無利息

無利息残高のことを考えると残債が999円以下であっても放置しておいてよいような気もします。

完済ということにはなりませんが、それでもこの無利息残高があったとしても「無いもの」といして扱われるためそのキャッシングカードの解約は可能です。

◆キャッシングローンにはいろいろなルールがあります

日本貸金業協会が決めた自主規制枠があります。

その自主規制枠では、30万円以下のキャッシングの場合は原則として3年以内、30万円を超えるキャッシングの場合は原則として5年以内に業者は貸し出した相手から返済を受けなければいけない。

となっています。

◆1千円未満の残債は、完済扱いが基本です、しかし・・・

もし4円の返済が本当に来たら

もし本当に4円の返済を迫られたとしましょう。
ただし、この可能性は0ではありません。

一応、借入をしているのですから、いつ、突然返せ!と迫られても、返済しなくてはならないわけです。

仮にこれを無視すると、当然、指定信用情報機関に、延滞として処理されます。
これを数ヵ月繰り返すと、数ヵ月以上も延滞扱いになると、自分自身の信用情報がガタ落ちです。

他の業者からの借入残高を減らされたり、借入そのものができなくなったり、新たに新しくカード発行できなくなったりと、自分の自己中心的なエゴで返済を怠ると、返って来るものは、ちょっとやそっとじゃ回復しない信用力の低下です。

◆信用情報とは・・・

信用情報とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、ローンや公共料金等の支払い情報のこと。

個人情報の一つ。

◆信用情報はクレジットカードの利用も含まれます

◆1円で信用情報をキズつける場合があります

1