1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

osaredorobouさん

自分を守るために書かない方がいいこと

顔写真をそのまま載せる

楽しいことがあったり気に入ったコーディネートができたりしたらみんなに見せびらかしたくなる気持ち、わかります。
でも、ネットにアップしてしまった写真は完全に消去することはできません。
あなたがどんな場所でどんな服で行動しているのかを赤の他人に教えているんです。
どうしても載せる場合は自分の友達や家族だけが見るわけではないので顔写真には特定できないような加工をしましょう。

実名を書く

あなたが今使っているインターネットはそのまま検索することができます。
あなたの知らないところで他のあなたの情報が乗っている可能性もあります。
イニシャルやあだ名程度にしてフルネームを書くのはやめましょう。
めずらしい名前の方は検索でヒットしてしまう可能性が高いので絶対にやめましょう。

住所や家の外観写真など

家が特定されてしまうのは非常に怖いことです。
誰もがあなたに好意的とは限りません。
地方など大きなくくりまでにしておきましょう。
近所の写真もやめた方が無難です。

未来の予定を書く

曖昧に書いてある場合は構いませんが、「〇月○日〇〇のコンサートに行く」など時間や場所すべてがわかってしまう内容を先に書くのはやめましょう。
ブログ等に書く場合は事後報告がベストです。

法律やモラルに反するため書いてはいけないこと

コピペ・画像転載

コピペはコピー&ペーストの略
人が一生懸命考えて描いたものを自分のサイトやブログに無断で貼りつけることです。
許可を得てから使用しましょう。
人の用意した画像を勝手に使用することもダメです。

犯罪行為

犯罪行為をすること自体がダメなのですが、さらにネットに書くなんてとんでもないことです。
犯罪は犯罪。自慢にはなりません。

誹謗中傷

もしも自分が書いていると公表しているサイトやブログに誹謗中傷を書いたら、名指しされなくとも書かれた人はわかるはずです。
たくさんの人が見るインターネットだからこそこういった内容は避けるべきなんです。

1