1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

dawdawさん

松山市内のホテルで「食い逃げ」した愛媛大学の40歳の女性准教授のニュースに「なんで、また?」と思った人は多いに違いない

本人も気づかいないうちに、性格や行動が変わってしまう恐ろしさ

アルツハイマー病とは別タイプの、実際は初老期発症が多い認知症疾患として独立命名された

アルツハイマー病が脳の後頭葉や頭頂が侵されるのに対し、ピック症は脳の前頭葉や側頭葉に萎縮が起きる。

感情や思考などの精神作用を支配する前頭葉が萎縮するため感情の抑制がなくなり犯罪や反社会的な行為を行ってしまうよう

介護者や友人がしばしば「配偶者や親が別人になってしまった」とか「赤の他人になってしまった」と評するほどです

患者は国内に1万人強と、アルツハイマー病などに比べると少ないが、65歳以下の「働き盛り」の人に起きるケースが多く、影響は大きい

アルツハイマー型では人柄には大きく崩れずに、物覚えが悪くなったり、物忘れが激しくなるということで気付かれるのに対し、ピック病は記憶力は保たれているのに人格、性格が極端に変わっていく

働き盛りが発症

アルツハイマー病にかかるよりも若い世代で発症することが多く、40代から50代が発症のピークとされています

温和だった男性が、奥さんをたたこうとしてガラス窓を破り、手をけがしてしまったり、また別の男性は痴漢じみた行為をしたり……

働き盛り世代が失職したり社会的地位を失ったりするのをこのまま見過ごせないとして、厚生労働省は数年前から実態調査に乗り出している

アルツハイマー病に関しては進行を遅らせる薬があるが、ピック病について、こういった薬はまだない

認知度が低いピック病

アルツハイマーに比べて知られておらず、診断できる医師も多くはなく、介護以外の有効な対処法がないのが現状

診断が難しいピック病だが、家族から見て「人が変わった」と思うほどの性格変化があったときは要注意

うつ病や、アルツハイマー病と誤診されると、薬や治療法が違い、かえって症状を悪化させることになりかねないので、画像診断も重要

ピック病疾患は発病すると、着実に急速に進行します、症状と疾患の進行状況を見ながら、看護とともに監視と援助が必要になります

患者自身もしくは、他の人々にとって危険な行動を取るようになったら、薬物などを投与してコントロールする必要性もでてきます

家族がピック病にかかってしまった場合には、1人で悩まずに支援グループなどの力をかりましょう

関連リンク

1