1. まとめトップ

看護師求人で転職に成功する方法まとめ

看護師求人で転職に成功する方法のまとめです。

更新日: 2013年09月20日

北加奈さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 10094 view
お気に入り追加

◇看護師の転職理由

引やっている事が古く、三交代が体質に合わず、片頭痛がひどくてイライラするようになったので退職。

免許を取り、もっと大きな病院で経験を積みたかったので転職。

待遇の不満、残業代不払い、経営者への不満などが相まって・・・

看護師の本音では、人間関係(いじめ・パワハラ)、労働環境の不備(休日、残業手当含む)、上司・経営者への不満、給与・待遇の不満、仕事内容への不安・不満が多いです。

◇看護師の転職先

テ総合病院・大学病院のような大病院から、地域密着の中小規模の病院、診療所・クリニック、検診機関、介護施設までさまざま。

◆病院の種類、経営母体の違い
病院の種類によって看護師に求められる知識・経験・技能・実績が異なります。

・総合病院
経験を積んでスキルアップしたい、バリバリ働きたい人向き。

・大学病院
医師と看護師の役割分担が明確で、先進医療に興味がある人向き。

・専門病院
ある特定の病気や症状、臓器など専門分野に詳しくなりたい人向き。

◆経営母体の違い
「公立(国立・県立・市立)」と「民間」に分かれます。

・公立
看護師も公務員と同じ扱いになります。最先端医療に携われる事が多く、スキルアップに適しています。給与・残業手当、退職金、年金など収入面も充実。

・民間
病院によって、労働条件や給与に差があります。

◇看護師求人サイトの探し方

看護師転職サイトを探す時には、①信頼出来る会社が運営している、②全国展開している、③非公開案件が多い、④専任のコンサルタントがしっかりしていることが条件となります。

◇看護師募集を見る時に注意すべきこと

「経験者限定」は要注意・・・若手を育てる気がない?
「正社員」のみを募集する病院は○・・・看護師の定着率が高い?
「看護師数とともに職員数も参考にする」・・・多ければ多いほど良い?

経験者限定は即戦力がほしいということです。離職率が高かったり、若手を育てている余裕がない可能性があります。正社員のみを募集する場合、パートに頼らずにしっかり経営していきたいという現れの可能性があり、看護師の定着率が高いと考えられます。看護師の数も大事ですが、職員数の数も要チェックです。職員数が少ないと業務以外の雑用が増える可能性があります。

◇厳選!便利な求人サイト

自分に合った「看護師専門の紹介会社」を選ぶことが重要です。いずれも“厚生労働省許可”“登録と利用が完全無料”の「看護師専門の紹介会社」。
看護師の転職事情や病院事情に詳しく登録後は電話や面談、メールなどで希望条件を伝えるだけでOKです。

◆ナースフル
◎特長 
 企業内看護師、保健師、日勤クリニックなど希少な求人に強い。
 東京を中心に主要都市に強い。
◎一般企業など病院以外の求人を希望している看護師さんでも安心。

◆ナース人材バンク
◎特長
 知名度があり実績No.1の転職支援サイト。地域に根ざした看護師求人情報網が評価されてい  る。地域にも対応した全国対応
◎とりあえず情報を集めたい看護師さんは要チェック。

◆ナースではたらこ
◎特長 
 非公開求人が多い。満足度2年連続第一位。最大10万円のお祝い金支給あり。全国対応。
◎信頼できるコンサルタントを希望する看護師さんに。

ここにあげたところ以外にも多くの看護師求人サイトがありますが、大手で実績があるところは安心できるというのが本音です。
転職に何を求めているかによって、登録すべき看護師求人サイトは異なります。

看護師求人を情報収集だけしたいなら、ナース人材バンクが一番いいと思う。

結局、転職がうまくいくかどうかって好条件の求人をどうやって入手するかだよね。非公開求人のレベルが高いのはナースではたらこ、かな。

◇転職先を決めた理由

転職先をここにしたのは、ここで働いている看護師の離職率がすごく低かったので、きっと働きやすい病院なんだろうと思ったからです。

看護師をすぐにでも辞めたいという人は、もしかしたら看護師ではなく、今いる診療科の看護が合っていないだけかもしれませんよ。診療科によって詰所の雰囲気も随分違いますし。辞めてしまう前に、ダメもとで一度転職してみるのがいいかも?

転職を成功させるには、前向きな理由が必要です。職場が嫌だからとか勤務がきついからという理由だけでは、物足りません。ぜひ積極的な理由を探して、転職活動を頑張っていきましょう!

1





北加奈さん

元看護婦(看護師)の北加奈です。今京都に引っ越してきました。最近時間が出来たのでまとめてみました。