今回の研究では、冠動脈疾患の従来のバイオマーカーである血中脂質(LDLコレステロール値など)も検査したが、こちらはプロテオミクスで観察されたような変化は見られず、ここが従来の検査の問題点ではないかとCombet博士は指摘する。

従来の検査で分かるのは、病気になるリスクがあるかどうかだけで、今、自分がどの段階にいるのかが具体的に分からない。そして食生活を改善することのメリットが検査結果に表れにくいため、病気の予備軍にある人たちに対して、説得力が欠けてしまうのだ。

もし、プロテオミクスのような検査を導入して発症前診断が可能になれば、長い目で見た場合、医療費の節減につながるのではないかと、研究者は述べている。

出典1日小さじ4杯のオリーブ油で心臓病のリスクが大幅に低下:英研究 - IRORIO(イロリオ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

油とは思えないほど健康効果が大きいオリーブオイル ただ偽や低品質には注意を!

オイルは基本的に太るイメージですが、オリーブオイルに限っては健康面の効果が大きくむしろ積極的に摂りたいオイル。料理に使うのはもちろんですが、食べる以外でもいろんな使い道で健康効果が発揮できるようです。

このまとめを見る