こうした実情は、日本ではほとんど知られていない。そこには消費者の傲慢が見て取れる。「食の安全」に目くじらを立てるクセに、ブランドや流行には飛びつかずにはいられない。食品の成り立ちを知ろうともせず、「コスパコスパ」と安価な商品を求めてしまう。

 偽装オイルが日本に向けて出荷されたのは、そうした姿勢のツケだとは考えられないか。メーカーや流通業者が消費者の求めにばかり目を向けた結果、起きたバタフライエフェクト――。結局のところ、偽装させているのはわれわれ消費者なのだ。高級ホテルで起きた食品偽装からまだ何年も経っていない。消費者の気質が変わらなければ、食品偽装は何度でも繰り返される。

出典偽オリーブオイルが日本にも上陸している背景とは│NEWSポストセブン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

油とは思えないほど健康効果が大きいオリーブオイル ただ偽や低品質には注意を!

オイルは基本的に太るイメージですが、オリーブオイルに限っては健康面の効果が大きくむしろ積極的に摂りたいオイル。料理に使うのはもちろんですが、食べる以外でもいろんな使い道で健康効果が発揮できるようです。

このまとめを見る