1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

神が腰を下ろした聖地!長野県・高ボッチ高原の景色が壮大すぎる。

長野県塩尻市・1665mの標高にある高ボッチ高原。東に諏訪湖、西にアルプスを眺望できる絶景・観光スポットです。高ボッチ(たかぼっち)という不思議な名前は、はるか昔、国づくりの神様と言われる"ダイダラボッチ"が腰を下ろして休んだという言い伝えが所以なのだそうです。

更新日: 2013年10月17日

259 お気に入り 309772 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

travelspotさん

■高ボッチ高原とは

長野県塩尻市、標高1665mの高さにあるなだらかに広がる高原です。そこから、諏訪湖が眺望でき、更には八ヶ岳・富士山・南北アルプスなどの名だたる山々まで見渡すことが出来る美しいスポットです。

360度の眺望が開けた山頂からは、北アルプスの山々はもちろん、諏訪湖、南アルプス、富士山まで景色を存分に楽しむことができます。

国内有数の撮影スポットとしても知られており、諏訪湖越しに富士山を望む素晴らしい眺望が楽しめます。

■美しい山々。

諏訪湖方面を眺めれば、八ヶ岳、富士山、南アルプスが。富士山は季節や天候によって見えたり見えなかったり。条件が揃えば日本一の富士がその先に。

乗鞍岳、北アルプスだって眺望できます。雪化粧をした北アルプスは絶景です。

早朝は雲海のすぐ目の前に富士山が観え、とくに初めての海外の友人家族は涙ながして喜んでくれたたよ。

■雄大で神秘的な朝。

諏訪湖や街も朝日に染められます。諏訪湖が紅くキラキラと輝けば、北アルプスも紅くキラキラと…素敵です。

高ボッチからの富士山は中々お目にかかれませんが雲海は割と良く見えますし、日の出前に成ると諏訪湖からみるみるうちに靄が上がって来ます。 色々な表情が数分間の短い時間で変化します。

1,665mの高ボッチ高原は雲の流れがとても速く、晴れたり曇ったりでした。

■幻想的な夜空、街明かり。

標高1665mというロケーションで見上げる星空も高ボッチ高原で楽しめる絶景の一つ。満天の星空に流れ星、感動ものです。

雪が積もった大地と綺麗な星空が幻想的。空気が澄んで星が綺麗です。

高ボッチ高原より諏訪湖を眺めた。 吸い込まれそうな夜景に感動。 夜空を見上げると満天の星空。 当日は、おうし座流星群のピーク。 カメラに収めることは出来ませんでしたが肉眼では特大の流れ星を見る事が出来ました。

高ボッチ高原で待っていたのは奇跡の晴天(・∀・)! そして満天の星空 \(・∀・)/ ワーイ

諏訪湖を眺める夜景スポットは、たくさんありますが、全域を見渡せるのは、おそらく高ボッチ山だけだと思われます。

■高ボッチ高原の美しさを、是非その目で

出典ameblo.jp

朝夜で様々な景色が楽しめる高ボッチ高原。ツツジの名所でもあります。神が腰を下ろしたと言われる高ボッチ高原、やはり名だたる山々を見渡せる迫力は凄いです。お奨めの絶景スポットです。

■関連リンク

1