1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

最新ネタさん

① 電気店経営者惨殺事件

平成2年7月、高知市で電気店経営者が殺害され、現金が奪われた電気店主強盗殺人事件が、
24日午前0時で発生から15年を経過し、殺人罪の公訴時効が成立する。
捜査本部を置く高知署はこれまで延べ7万人の捜査員を動員し捜査を進めてきたが、
容疑者の特定には至っていない。

殺害されたのは、同市新本町2丁目、「ダイイチニチドー電気」経営、橋本信治さん(当時62)。
2年7月24日午後11時45分ごろ、同市愛宕町1丁目の同店裏側の駐車場で、橋本さんが
顔や胸を刃渡り10センチ以上のナイフ様のもので刺され、死んでいるのを家族が見つけた。
これまでの調べでは、同日午後9時40分ごろ、店のシャッターを閉める橋本さんの姿が
通行人に目撃されたのが最後の足取り。
犯行時刻は、それから同10時半ごろの間とみられる。
橋本さんは30カ所近くを切りつけられ、店の売上金約60万円が入った2つのショルダーバッグ
もなくなっていた。執拗(しつよう)に刺す残忍な手口などから、捜査本部は確定的な
殺意があったとみて、顔見知りのえん恨、物取りの両面から捜査を進めてきた。

有力情報として浮上したのが、犯行時刻前後の午後10時すぎ、現場から東に約2.2キロ離れた
同市南御座のスーパーに、上着にべっとりと血のりを付けたまま服を買いに来た男。
男は上着を買うと、興奮した様子で足早に立ち去ったという。
捜査本部は、この「血のりの男」の割り出しを進めたが、事件と結びつく証拠も
発見できず、特定もできていない。
県警はこれまでに総人数約2万人から事情聴取したほか、橋本さんとトラブルがあったと
みられる人物などをピックアップし内偵したが、いずれも決め手を欠いた。
現場周辺での不審者の目撃情報も乏しく、犯人の遺留品も発見できず、捜査は当初から難航した。
当時の捜査幹部は「動機面の背景が見極めにくい事件だ」と話し、「あの日はとにかく暑かった。
近隣の家がエアコンをつけ、窓を閉め切っていたため、被害者の悲鳴を聞いている人もいなかった」
と振り返る。

② 悪魔の詩訳者殺人事件

1991年7月11日、筑波大学助教授の五十嵐一が大学のエレベーターホールで刺殺され、翌日7月12日に発見された。現場からO型の血痕(被害者の血液型ではないため、犯人の血液型とされた)や犯人が残したとみられる中国製カンフーシューズの足跡(サイズ27.5cm)が見つかった。

五十嵐助教授は1990年にサルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』を日本語に翻訳している。1989年2月にイランの最高指導者のルーホッラー・ホメイニーは反イスラーム的を理由に「悪魔の詩」の発行に関わった者などに対する死刑宣告を行っていたため、事件直後からイラン革命政府との関係が取り沙汰されていた。

容疑者を外国人イスラーム教徒とする説には、次のようなものがある。

CIAの元職員ケネス・ポラックは、イラン軍部『イスラム革命防衛隊』による犯行を示唆している(『ザ・パージァン・パズル』小学館、2006年)。目撃されやすいエレベーターホールで襲撃した事実も見せしめ犯行のためと判断した。

また、『週刊文春』1998年4月30日号は「『悪魔の詩』五十嵐助教授殺人に『容疑者』浮上」との記事を掲載。同誌が入手した「治安当局が『容疑者』を特定していた極秘報告書」によると、事件当時、東京入国管理局は筑波大学に短期留学していたバングラデシュ人学生を容疑者としてマークしていたという。この学生は五十嵐の遺体発見当日の昼過ぎに成田からバングラデシュに帰国しているが、イスラーム国家との関係悪化を恐れる日本政府の意向により捜査は打ち切られたと記事は述べている(麻生幾「「悪魔の詩」殺人 国家が封印した暗殺犯」『文藝春秋』2010年10月号)。

だが、日本警察は、なぜ目撃されやすいエレベーターホールで襲撃したのか、なぜ目撃されにくい研究室で襲撃しなかったのかなど疑問点が挙げられ、個人的な怨恨による大学関係者の犯行の線も否定できないので、犯人像をイスラーム教徒に絞り込むことはできないとしている。

捜査中、学内の五十嵐の机の引き出しから、殺害前数週間以内と思われる時期に五十嵐が書いたメモが発見された。これには壇ノ浦の戦いに関する四行詩が日本語およびフランス語で書かれていたが、4行目の「壇ノ浦で殺される」という日本語の段落に対し、フランス語で「階段の裏で殺される」と表現されていた。このことから、このメモが書かれた時点で、五十嵐は既に何者かが自分を殺そうとしていることを察知していたと言われている。

15年後の2006年7月11日、真相が明らかにならないまま殺人罪の公訴時効が成立し未解決事件となった。外国人犯人説が存在するこの事件では、実行犯が国外に居続けたと仮定した場合は公訴時効は成立していないことになるが、警察は証拠品として保管していた被害者の遺品を遺族に返還している。

③ 井の頭公園バラバラ殺人事件

1994年4月23日、東京都三鷹市の「井の頭公園」で切断された男性の足首が発見された。公園の池周辺に設置された複数のゴミ箱から合わせて27個の遺体の断片が見つかった。時効成立。

井の頭公園で回収された遺体は、市内の杏林大学病院へ送られ司法解剖された。27個のパーツにわかれた遺体は全部合わせても体全体の三分の一程度、20数kgほどしかなかった。解剖を担当した佐藤喜宣教授が最初に気づいたのはビニール袋の遺体のひとつひとつが同じ長さで切断されていたことだった。長さだけではなく、肉を削ぐなど太さも揃えられていた。従来のバラバラ殺人の場合、遺体の切断は思った以上に時間がかかる。また切断も大変なため、切りやすい関節あたりを切断するのだが、この事件の遺体は関節など関係なく、時間をかけて均一の大きさに切断されていた。
 井の頭公園のゴミ箱は縦20cm×横30cmのフタがついたポスト型のものだが、遺体はそのゴミ箱に入れるのにジャストサイズに切断されていた。

 また、遺体はとてもきれいな状態だった。念入りに洗われ、手がかりになるような付着物は一切残されていなかった。さらに血液までもがすべて抜かれていた。手足の部分では指紋はすべて削られ、掌紋には傷がつけられていた。

 血液を抜き取り、指紋まで削られた遺体だったが、事件から3日後、掌紋の一致やDNA鑑定などから遺体は公園の近くに住む一級建築士・川村誠一さん(35歳)と判明した。

 死因についてはついに確定することはできなかった。毒物で殺害された場合、骨髄に何かしらの物質が発見されるはずだが、それらは検出されなかった。交通事故などの場合、手足にも傷が残るだろうが、発見された遺体には傷らしいものはなかった。そうなると頭部損傷や窒息死が考えられるが、頭部が発見されなかったので分からなかった。
 しかし、1ヶ所だけ、生きている間に受けた傷が発見された。肋骨の一部に付着している筋肉組織に、ほんのわずかながら出血があったのだ。だが肋骨が損傷しているわけでもなく、なぜその部分から出血したのかは分からない。

 死亡推定時刻も不明。佐藤教授によると「そんなに古いものではない」ということくらいだった。

④ 長野青酸ウーロン茶殺人事件

第1の事件
1998年8月31日午前7時30分頃、塗装業の男性(当時58歳)が朝食の際、冷蔵庫から出したばかりの缶入りのウーロン茶を一気に飲み干した後、再び食事を取っていると、突然「うーん、苦しい」と言って食べたものを全て吐き出した。救急車で運ばれたものの、病院に着いた時には心肺停止の状態だった。午前9時12分に死亡が確認された。
病院側は、病名を「急性心不全」としたものの、心不全の原因がはっきりしないため警察に検視を依頼した。一応、検視を行ったものの、別段の異常が見つからなかったために、そのまま「心不全」とした。
第2の事件
9月1日、被害者男性も利用していたというスーパーにて発生。店長が変形した缶を見つけ、売り物にならないと判断し、自らが飲んだ。一口飲んで味と異臭に気付き、さっそく不審物として警察に提出した。
調べた結果、提出された缶の底には接着剤で埋めた跡があった。中身を科警研に調査依頼したところ青酸化合物が発見された。
9月3日、この事件を知った被害者男性の家族が警察に届けるとともに、ウーロン茶の缶も提出した。調べた結果、スーパー店長が提出した缶同様に裏底に接着剤の跡があり、青酸化合物が発見された。そこで、科警研は病院に残されていたAの血液を調べたところ、青酸の反応が出たことを確認した。

長野県警は無差別殺人事件として大掛かりな捜査を開始したが、有力な手掛かりは掴めていない。

⑤ 女性漫画家殺人事件

平成12年9月29日(日)午後1:00分頃 東京都江東区亀戸の「レック亀戸グリーンマンション」604号室、漫画家吉田陽子さん(28)方のベッドで若い女性が死んでいるのを管理人らが見つけた。
警視庁捜査一課と城東署の調べで、女性の首に絞められたような跡があった事から殺人事件として捜査を開始した。調べによると、同室の玄関のかぎは開いており、女性はTシャツのみの半裸姿でベッドの上にあおむけで倒れていた。室内に荒らされた形跡はなかった。遺体は死後10日以上たっていてかなり腐乱しており、26日から連日訪れていた国勢調査の調査員が、回ったままだった換気扇からの異臭に気づき発見された。司法解剖の結果歯の治療痕などから、警視庁城東署捜査本部は30日、この女性がマンションに一人で暮らしていた漫画家、吉田陽子さんと断定。また室内でコンビ二エンスストアの9月18日付のレシートが発見された。吉田さんは現場のマンションを自宅兼仕事場として利用していた。

⑥ 歌舞伎町ビル火災

歌舞伎町ビル火災(かぶきちょうビルかさい)は、2001年9月1日に東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビル「明星56ビル(みょうじょう56ビル)」で起きた火災である。44名が死亡し、日本で発生した火災としては戦後5番目の大惨事となった。多くの死傷者を出した原因は、ビル内の避難通路の確保が不十分であった為とされる。出火原因は放火とみられるが、2013年7月時点では未確定である。
居合わせた客と従業員のうち、3階の19名中16名、4階の28名全員の計44名が死亡、3階から脱出した3名が負傷した。

出火地点はビル3階のゲーム麻雀店「一休」で、エレベータ付近から出火。ビル3階と4階のセクシーパブ[7]「スーパールーズ」の防火扉が開いていたため[8]、この2フロアに火炎と特に煙の回りを早めたことが、被害を拡大させる一因となった。44名全員が急性の一酸化炭素中毒で死亡したことが、それを表している。

4階(セクシーパブ)での犠牲者には、外国為替保証金取引(FX)会社であったひまわり証券の営業社員3名が来店客として含まれていたため、従前から主に金融知識の乏しいお年寄りを狙って、強引な営業手法で利益を上げていた同社に対して「バチが当たった」といったような報道が一部の週刊誌等を中心になされた。また、同じフロアで三和銀行((当時)現:三菱東京UFJ銀行)行員も1名死亡している。

この事件では、内部で既に火災が起こっていたところに従業員の1人が何も知らず扉を開けてしまい、空気が入ってきたためバックドラフトが引き起こされた。この従業員は道路側の非常口からそのまま飛び降り、この救急要請の通報が第一報であった[9]。また、従業員2人は別の窓から屋根伝いに脱出した。3階ゲーム麻雀店で助かった3名は、事務所の窓から脱出した従業員であり、従業員という立場でありながら避難誘導しなかった。また、この際目撃証言から「4人目」の生存者がいたとされるが、この人物はその後行方をくらました。

自動火災報知器は設置されていたが、誤作動が多いために電源が切られていた。また、4階は天井を火災報知器ごと内装材で覆い隠してしまっていた。

この種の雑居ビル火災として、1973年5月28日に第6ポールスタービル火災(死者1名)がある。現場が同じ歌舞伎町で、違法な内装、防災管理の不徹底などで東京消防庁から警告されていた点が類似する。

⑦ 日原街道女性バラバラ殺人・死体遺棄事件

平成15年3月11日(火)西多摩郡奥多摩町の日原川沿いにおいて女性の右手首・左手首・左足首が、翌日の12日は右前腕部が発見された。

⑧ 男性コンクリ詰め死体遺棄事件

平成23年2月14日(月)、兵庫県三田市小野「千丈寺湖」湖畔において、コンクリート詰めにされた男性の遺体が発見された。

⑨ 酒田市大学生殺人事件

東北公益文科大2年の設楽亮介さん(19)=酒田市高見台2丁目=が5月29日にアパートの自室で殺害された。

部屋のドアが施錠されているにもかかわらず、室内に鍵が残されている不可解な現場。また、頭にはゴミ箱が逆さまに乗っていた。
部屋内の現金には手が付けられておらず、怨恨(えんこん)の可能性も浮上するも、友人知人らは「あんなにいい人はいない」と口をそろえる
殺害された設楽さんは大学の弓道部に所属。
2012年9月に、倉庫にしまっていた弓道の「的」約20個がカッターの様な物でくりぬかれ、的を固定する「安土(あづち)」と呼ばれる土手が幅数メートルにわたり崩されていた。

その約1週間後、弓道部の練習場で設楽さんの道具だけ(矢数本が筒ごと)無くなり、本人が警察に届け出た。
矢1本は間もなく体育館の観覧席で見つかり、約1週間後、別の1本が場内の道路の屋根で発見された。1か月後には近くの植え込みで筒と残りの矢が見つかっている。

1 2