1. まとめトップ

半沢直樹続編『銀翼のイカロス』がすごい!(池井戸潤)

ドラマ半沢直樹も最終回を迎え、シリーズとして読んでみようと思い、小説シリーズをまとめてみました。

更新日: 2014年09月04日

7 お気に入り 170394 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kazooloopさん

池井戸潤「半沢直樹」シリーズ

半沢直樹シリーズ第4弾、今度の相手は巨大権力!
新たな敵にも倍返し! !

頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、 500 億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。 政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い ――プライドを賭け戦う半沢に勝ち目はあるのか?

半沢直樹第4弾『銀翼のイカロス』

モデルは某元国営航空会社の経営再建を手掛ける半沢直樹のその後の活躍を描く物語

電子版 週刊ダイヤモンド『銀翼のイカロス』

著者

池井戸 潤
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。他の代表作に『ロスジェネの逆襲』『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』や、『ロスジェネの逆襲』のシリーズ前作となる『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』などがある。

(参考)池井戸 潤 著作

1