1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

oguyanさん

ラストに疑問が噴出

半沢直樹どーなってるんだ?なんで半沢さんが出向なんだ?なんで?頭取が黒なの?誰か教えて。とりま本買お。

予想していた人も

半沢直樹見ちゃったなぁ・・・・まぁ予想通りだな~ まぁあの出向は完全に前向きなパターンだろうけど。 島耕作を思い出すわ~

でも、これが原作通り

半沢の最後怒らないであげて;;;原作通りあの終わり方をしないと、ロスジェネの逆襲に続かないんだよ!第三部は半沢さん、出向先からやられたらやり返す、倍返しなんだもの。えぇ、えぇ、やり返すから、東京中央銀行に…!!!

頭取が半沢を出向させた理由

頭取の半沢出向の意図は、懐刀を新たな問題解決に向かわせたんじゃろなって。年齢的に若いし、可愛ええ子は旅させろ的な。頭取の期待度が高い証拠じゃろうなあと思えた。で、二期狙い。

ちなみに原作では半沢に出向を言い渡すのは頭取ではなく、
上司である内藤です。

原作のその辺りの部分を以下箇条書きにします。

大和田常務を追い詰めた半沢直樹のやり方に批判が集まっている。
旧東京第一銀行派ばかりを狙い撃ちにした処分はおかしいと批判が集まっている。
その批判をかわすために半沢に出向をしてもらう。
これは単なる異動であり、いつか私(内藤)が引き戻す。

と言った感じになります。
ドラマの中でも多くは語られませんでしたが、
だいたい原作の通りの理由と見て間違いないかとは思います。

半沢の出向は「良い出向」

半沢直樹の出向人事について。このドラマでは再三再四、出向は片道切符の「悪いモノ」的なイメージで語られ続けていますが、現実は必ずしもそうではなく、“一回休み”的な待避ポストとしての外部出行も存在します。特に今回の半沢氏への辞令は、グループ内証券会社と思われる先への営業企画部長発令です。同じ金融機関への出向は、銀行業法上本体では取り扱えない金融業務を身につける場でもあり、将来の役員候補に対する教育的出向であると理解できるものでもあります。

皆さん「ロスジェネの逆襲」を読みましょう。したら半沢の出向理由がわかります\(^o^)/

続編や映画化が期待される

調べてみたら半沢直樹はシリーズになってて、出向先の東京セントラル証券の話のロスジェネの逆襲ってのがあるらしい。ってことは半沢直樹2は確実にありますね。

半沢直樹の終わり方になんか不満ありげな米多いけど、 俺みたいに、「頭取は半沢を東京セントラルに出向させることで、半沢によって内部からまた汚職潰ししていく」っていうピュアな心の持ち主はいないのかよ ←

○年後……あの半沢直樹が帰ってきた・・・・!? 「懐かしいなあ~半沢が出向されてから○年か…」 「ああ…あの時は驚いたよ…」 ~最終回後の回想~  みたいな始まり方の映画

半沢関係のTLをざっと見たら、意味のある出向らしいという事が見えてきた。続編?映画?なんて憶測も飛び交ってる。最後に置かれた布石はきっちりと回収して頂けるんですよね!? このまま裏切ったら土下座をしていただきます!

ドラマと原作で異なる部分

半沢直樹ドラマでは大和田常務の土下座が見所でしたが、原作では土下座はありませんでした。半沢直樹の最終回で、出向の黒幕は頭取であることを見ましたが、今後のドラマや映画の展開でオリジナルの内容があるのか注目ですね。

半沢直樹のドラマでは大和田常務が降格となっていますが、原作では降格後に出向となっています。半沢直樹の次回作で大和田常務が出向しているのか、半沢直樹と対決することが今後あるのか頭取の人事に注目ですね。

よろしければ、こちらもどうぞ

1