②子供の気持ちを理解して言葉にする。

「そっか!自分で靴履きたいのね!」など、言葉でしっかり伝えてから、「じゃあ、もう1回最初からやろうか?」と選択肢を投げかけて、考えさせると少し気持ちが落ち着きやすいようです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

分かっていてもイライラしてしまう「魔の二歳児」、イヤイヤ期の対処法

気に入らないことがあるとすぐに大泣き。自我が目覚めて成長している証拠だってわかっていても、いつも頑張っているからパパとママだからこそ、泣かれるとイライラだってするし、疲れてしまう時だってありますよね。そんな時に子供に対して怒ってしまう前に対処法を思い出していただければと思います!

このまとめを見る