1. まとめトップ

【せざるおえない】 あなたは大丈夫?恥ずかしい頻出誤用・間違い 【ジャパネット銀行etc】

何気ない会話やメールの中で気になる言葉の誤用や勘違いや間違い、案外多いものです。「自分は大丈夫」と思わずぜひ一度チェックしてみて下さい!

更新日: 2016年08月28日

35 お気に入り 327010 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MS-FXSTCさん

【×】せざるおえない 【○】せざるをえない

正しくは「せざるを得ない」。
「せざる+を+得ない」なので、「せざる+おえない」は間違いです。
同様に「やむおえない」は正しくは「止むを得ない(止む+を+得ない)」。

「行かざるをえない」は、
○ 行かざる - を / 得(え)ない
というように成り立っています。「行かないということをできない」つまり「行かないわけにはいかない」という意味です。

しかし、このように分解せずに、
× 行かざる  / おえない
という形で誤解してしまっている人がいるようです(この場合の「おえない」は、「負えない」あるいは「終えない」ということばだと解釈しているのでしょうか? よくわかりません)。

「せ」=動詞「す」(口語では「する」)の未然形
「ざる」=否定を表す助動詞「ず」の連体形(この後に本来なら名詞「こと」が来るべき所を省いたと考える)
「を」=格助詞「を」
「得(え)」=動詞「得(う)」(口語では「得る」)の未然形
「ない」=否定を表す口語の助動詞「ない」の終止形

【×】ふいんき 【○】ふんいき

もう誤用としてすっかり有名になりましたがまだまだ多いもの。
漢字では「雰囲気」=「ふんいき」が正しい。

最近、「雰囲気」を「ふいんき」と読む人がとても増えており、テレビのアナウンサーも「ふいんき」を使用する人がいます。

【×】~だは~だは 【○】~だわ~だわ

見出しだと何のことだかわからないと思いますが、例文を挙げると
・今日は雨だは寒いはで残念だ
・猫が走り回るは家具を引っ掻くはで大変だ
など。
正しくは
・今日は雨だ「わ」寒い「わ」で残念だ
・猫が走り回る「わ」家具を引っ掻く「わ」で大変だ
です。

助詞の「は」は、「は」と書く。
〔注意〕 次のようなものは、この例にあたらないものとする。
雨も降るわ風も吹くわ 来るわ来るわ きれいだわ

【×】責任転換 【○】責任転嫁

正しくは「責任転嫁(せきにんてんか)」。

転嫁:他人になすりつけること
転換:別のものに変えること

【×】味あわせる 【○】味わわせる

元の言葉が「味わう」なので、「させる」をつけると「味わわせる」になり、これが正解。

「味わう」はワ行五段活用ですので、文法的には「味わわせる」が正しいのですが、「わ」が二つ並ぶことで言いにくいためか、「味」+「合わせる」と思われているためか、実際には「味あわせる」派のほうが多いようです。

【×】はらただしい 【○】はらだたしい

地味ですが意外にもかなり言い間違えている人の多い言葉。
「腹が立つ」が語源なので、「腹立たしい(=はらだたしい)」が正しい。

はらただしい
「腹立たしい」(はらだたしい)の誤り。

【×】忘備録 【○】備忘録

「忘備録」でも現在は大きな辞書には載っているようだが、誤記であり本来は「備忘録」が正しい。「ぼうびろく」がすんなり変換されないのもこのため。
「忘備録」だと間違えていると思われる可能性があるので、「備忘録」を使うのがベター。

忘備録(ぼうびろく)は本来は誤記だが(忘れるのに備える記録で備忘録)、和製漢語の造語法としては自然なため(目的語+動詞)、普通に用いられている。

【×】うる覚え 【○】うろ覚え

正解は「うろ覚え」。
字面が似ているから間違えて覚えやすいのかも?

うろ覚え(うろおぼえ・疎覚え・空覚え)とは、ある事柄について、覚えている(もしくは理解している)内容が曖昧なこと。またそのような状態で発言すること。
烏鷺覚えと書くこともある。ひらがなの「ろ」と「る」が見間違えやすいため、「うる覚え」と書かれる場合もあるが、これは完全な誤りである。

【×】永遠と 【○】延々と

「長い間 ・ 長期にわたって」という意味で使われているが正しくは「延々と(=えんえんと
」。

まぁ、確かに「果てしなく続く」という意味では同じなのかもしれませんが、「永遠」では本当に終わりません。

【×】思考を凝らす 【○】趣向を凝らす

意味としては通じそうではありますが、正しくは「趣向を凝らす(=しゅこうをこらす)」。

1 2 3