1. まとめトップ

ドコモ版iPhone 5s/5c、MVNOのSIMカード動作まとめ

ドコモ版iPhone 5s/5cに関して、IIJmioや日本通信などのMVNOサービスのSIMカードを利用する際には、注意が必要なようです。構成プロファイルのインストールが必要なこと、3G通信のみでLTE通信ができないこと、テザリングができないこと、などの動作が確認されています。

更新日: 2013年09月23日

13 お気に入り 46850 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

itokoichiさん

ドコモ版iPhone 5s/5cに関して、IIJmioや日本通信などのMVNOサービスのSIMカードを利用する際には、注意が必要なようです。APN設定ができないため、構成プロファイルのインストールが必要なことと、3G通信のみでLTE通信ができないこと、テザリングができないこと、などの動作が確認されています。

注意2 iPhoneではspモード以外のLTEインターネット接続サービスはご利用になれません。
注意3 Xiパケ・ホーダイ for iPhoneをご契約の場合、iPhone以外の機種を利用してのパケット通信(国際ローミング中のパケット通信などを除く)はご利用になれません。また、パケット通信を利用した次のサービスについてもご利用になれません。

ドコモのiPhone 5s/5cでは「spモード以外のLTE対応インターネット接続サービスはご利用になれません」、つまり、MVNO業者が提供するドコモ回線を利用したLTEサービスが利用できない(例:IIJmioなど)ことが、公式ホームページにてアナウンスされています。

実際のところどうなるのか…と気になっていましたが、やはりドコモのiPhone 5s/5cではMVNOによるLTE通信を利用できないことが確認されてしまいました。

APNを設定プロファイルで設定すれば、大丈夫という情報をいただきました。設定プロファイルに関しては、古い記事ですがコチラをご参考に。IIJのホームページにも情報が出ております(関連サイト)。また、音声対応SIMなら電波状況も表示される模様。従来のSIMフリー版と同様ですね。海外のSIMロックフリー版でも同様か、あるいはAPNの編集を設定プロファイルに頼らず行なえるかなど、追って検証いたします。いろいろとご指摘いただきありがとうございました。

ですが、Wi-Fiなどでインターネットに接続してAPN構成プロファイルを読み込ませることで、APNの設定を上書きすることができました。これでIIJmio高速モバイル/Dを利用する事ができます。

キャリア名は”docomo”と表示されるようです。また、アンテナピクトは”○○○○○”つまり、「0本」の状態です。この状態でデータ通信が行えています。

3Gは利用可能・LTEは利用不可

ハードウェア的にはdocomoのLTE網に対応していますが、残念ながらIIJmioのSIMではLTEに接続することができませんでした。3G(WCDMA)のみでの利用となります。

「インターネット共有を設定」をタップすると「このアカウントで”インターネット共有”を有効にするには、ドコモに問い合わせてください」と表示され、設定できませんでした。残念ですが、今のところ回避方法は見つかっていません。

発売前に、ドコモ版iPhoneのSIMの取り扱いに悩んでいましたが、この状況では、AndroidのSIMと同じように扱って良いようです。MVNOのSIMに関しては、LTE通信を諦めて、構成プロファイルが作成できれば利用できそうです。SIMフリーiPhoneでは、MVNOサービスに関しては、iPhone 5でLTE通信ができず、iPhone 4/4Sは元から3Gのみ、でした。そのときと、あまり状況は変わっていない、と考えて良さそうです。

1