1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

最終回視聴率で半沢が超えたビューティフルライフってどんなドラマ?

「半沢直樹」の最終回視聴率は42.2%と平成ドラマではトップとなりました。2000年の「ビューティフルライフ」をおさえてトップになったということですが、「ビューティフルライフ」は少し前のドラマなので、どんなドラマだったのかまとめてみました。

更新日: 2016年10月20日

8 お気に入り 223471 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CuteMonsterさん

「半沢直樹」最終回視聴率は42.2% 平成ドラマトップに

9月22日に最終回を迎えた、人気ドラマ「半沢直樹」の視聴率が、関東地区平均で42.2%に達していたことがビデオリサーチの調べで分かった。これまで平成ドラマでは「ビューティフルライフ(最終回)」の41.3%が最高だったが、これを抜いて「平成1位」の座に躍り出た。

ビューティフルライフを知らない人も

トレンドにBLも超えたってあったから何事かと思ったら半沢がビューティフルライフの視聴率超えた!って話だった ところでビューティフルライフって何? 引き合いにだされるくらいやから有名なんやろうけど…何?

ビューティフルライフってどんな話が知らない。

あ、そうなんだ、ビューティフルライフって何、って見かけてしまって軽くジェネレーションギャップ…

★これまでトップだったビューティフルライフがどんなドラマなのかまとめてみました。

『東芝日曜劇場・Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』

1月にスタートした第1回目でいきなり31.8%(ビデオリサーチ関東地区調べ)という歴代1位の初回視聴率を記録し、以降もほとんどの回で30%以上の状態を維持していたことから最終回の視聴率が関係者の間で注目を集めていました。

キャストは?

主演2人のほかにも、
水野美紀さん、池内博之さん、原千秋さん、西川貴教さんなど
魅力的な俳優が魅力的なキャラクターを演じています。

ストーリーは?

腕はあるが人気のない美容師の男性と、難病に侵され車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書の女性を描いたラブストーリー。

このドラマは、日本に「バリアフリー」という言葉を広めるきっかけを作ったともいわれ、難病に侵されて車椅子での生活を余儀なくされている町田杏子(常盤貴子)が、日常生活に不便を感じたり、その障害ゆえに奇異の視線にさらされたり、恋愛に対しても気後れしてしまったりする心の機微が描かれています。

見た人は?

10年ぶりぐらいにみたけど、今やってるドラマを遥かに超える!! 杏子の一言一言に涙が止まりませんでした。

ありきたりな恋愛ドラマは数多く見たけどこんなにも新鮮で切ないドラマは初めてだった。そして今の時代は本当の心の通いあいなどなくただ上辺のそして何かを期待しての関係ばかりでそこにはときめきなどない。そんな時代に何が大切かを訴えたドラマだと思う。

何度見ても最高!今も現役で見られるドラマ。ずっと、若い世代にも見続けていってほしい。

通常の恋愛とは違う女性側が障害者という設定の新鮮さ(その障害を支える男性側の思いやりの温かさも)、そしてその男性役を演じる男優さんが若い人たちに大人気の木村拓哉さんというキャストの良さなどが視聴者に受けたので大人気になったのではないかと思います。

主題歌

1