1. まとめトップ

【保存版】片付け上手になるためのキッチン収納術

キッチン収納を、いつも最高の状態にするのは難しいことです。収納が上手な人は、いったいどうしているの? 素敵な収納のかげで、実は苦も無くできるこんなことをやっているのです。キッチン収納アイディアを全て詰め込みました。

更新日: 2013年09月27日

aoibotaruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13074 お気に入り 11905483 view
お気に入り追加

<目次>

-1ページ
1. 流しの下は流し台で使うものを中心に!
2. 調理台は広々と!
3. レンジは掃除しやすく!
4. 吊り戸棚は軽いものメインで!
5. 見せる道具を厳選して壁にアクセント!
6. 棚があると作業台にしたり、間仕切りにも使えて便利!
7. ラックでスペース不足の解消を!
8. 市販の食器棚でキレイに収納!

-2ページ 
9. 100円グッズは収納の味方!
 ●つっぱり棒
 ●茶わん収納ケース+どんぶり収納ケース
 ●ジョイントプレートラック
 ●プラスチックカゴ
 ●植木鉢
10. キッチンアイテム別の収納アイデアを紹介!
 ●まな板
 ●ふきん
 ●砂糖・塩・スパイスなどの粉末調味料
 ●小麦粉や片栗粉などの粉類

-3ページ
 ●お盆
 ●保存容器
 ●ホットプレート・カセットコンロ
 ●缶詰め・乾物・ストック食品

1. 流しの下は流し台で使うものを中心に!

ここは使いにくい場所と割り切って、たくさんしまわないのがうまくいく秘訣です。

観音開きの扉なら、収納内に市販のラックを置いて棚の代わりにする程度に止めます。

そして鍋やボウルなどの積み上げを予防して、ひと手間で出し入れできるように。

深さのある引き出しなら、鍋のフタを逆さにかぶせて、その上に別の鍋を置くといった上下2段置きにしてもいいでしょう。

2. 調理台は広々と!

キッチンの広さに左右されるのが調理台。食材や道具を広げて作業をする場所なので、余分なモノを置かずに広々としたスペースを確保したい場所です。

ここで使う道具は必要なときにサっと出せるように、引き出しにしまっておきます。

菜箸やピーラー、竹串など細々とした道具が多いので、引き出しのなかでゴチャ混ぜにならないように注意。

最近では調理台の下をオープン棚にするケースもあります。

その際にはカゴやケースなど、収納小物を引き出し代わりに使うといいでしょう。

3. レンジは掃除しやすく!

ガスや電気を熱源にするレンジ廻りは汚れやすい場所。

いつでもサっと拭けるように、出したままのモノを最小限にとどめます。

ただし、油や醤油、酢、塩、こしょうなどよく使う調味料は、小分け用の容器に移し替えてレンジ脇に出しておいてもいいでしょう。

その際にはトレイやケースに並べて、持ち上げれば拭き掃除ができるようにしておきます。

観音扉の収納なら、流しの下と同じように市販のラックを使って棚の代わりに。

持ち手のついたフライパンなら、書類用のケースの中に立てかけておくのもok。

また、市販のラックを使って上下2段に置いてもいいでしょう。その際に下の段に置くのは、使用頻度の低いモノにします。

これは百均に売っているA4サイズのケースを使用しています。

4. 吊り戸棚は軽いものメインで!

上のほうにしまうモノは、中身が見える透明ケースに入れるかラベルを貼る、前後2列にしまわないといった基本を守りましょう。 

行楽用・正月用など使うタイミングが決まっているモノは上にしまっても。踏み台があると便利です。

5. 見せる道具を厳選して壁にアクセント!

レンジでよく使うフライ返しやレードルなどは、フックに引っ掛けたり吊り下げたりできるものがあります。

レンジフードの縁にフックを使って吊り下げることも可能です。

レストランの厨房のように、フライパンや片手鍋を下げる方法もあります。

6. 棚があると作業台にしたり、間仕切りにも使えて便利!

キッチンでは家電製品の置き場所も考えなくてはなりません。

熱や蒸気がこもらないようオープン棚に置いたり、使うときだけ戸棚から出すといった工夫が必要です。

また、調理台の下に食器洗浄乾燥機をレンジの下にオーブンを組み込んだキッチンの場合には、そのぶんの収納スペースをどこかで補わなくてはなりません。

そのための収納には造り付けの棚や戸棚、市販のラックを使いましょう。

7. ラックでスペース不足の解消を!

収納不足を補うには、棚やキャビネットなど収納家具が必要になります。

メタルラック木製ラックなどを置いて、調味料をガラス瓶に入れ替えたり、ステンレス製や籐のバスケットなどでゴチャつく小物を隠すなどを意識しながら整理するといいでしょう。

上の段には軽いもの。1番上の段は、バスケットの中に右からエプロン、お菓子、干しかごとざるを。

2段目には浅いかごを置き、右からクロス類、鍋敷き、保存容器などを収納しています。

3段目左側には、トレイ類を立てて収納。トレイに合わせて棚板の間隔が大きいため、ここには小さいラックを並べています。

シルバーの缶には、お茶が入っています。空いたスペースは、食器を拭いた後、完全に乾かすために使ったりも出来ます。

白いカーテンの向こうには、お米、乾物、お酒などを収納しています。

小さいラックにもキャスターが付いていて、手前に引き出せば補助テーブルになり、料理を盛りつけるときなどに便利です。

8. 市販の食器棚でキレイに収納!

左側が食べる為に使う食器。右側に飲み物を飲む為の食器が納めてあります。 

重ねなくてもいいように棚板を追加しています。また、100均のかごを活用し食器を種類ごとに分けました。

使用したのはダイソーで売っている「ゴムの木」のお皿立て。

横幅はのこぎりで切って調整しました(柔らかいのでそれほど力はいりません)

下段は小さいお皿を奥に、手前に薄い皿を2~3枚積んでいます。この位の高さであれば、前のものをどかさずに奥のお皿を出し入れできます。

9. 100円グッズは収納の味方!

1 2 3





aoibotaruさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう