1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

株価もV字回復!iPhone 5s/5cの売り上げが想像以上な理由

iPhone 5s、iPhoine 5cの販売台数が発売から3日で900万台を超えていることが分かった。これを受け、Appleの株価も急上昇している。こんなに売れている理由は?

更新日: 2013年09月24日

238 お気に入り 18249 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

iPhone 5s/5cの販売台数が900万台突破

「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の販売台数が週末に計900万台を突破した。

「これまでで最高のiPhoneの発売となりました。すでに900万台以上の新しいiPhoneが販売され、これは発売後最初の週末としては過去最高の販売台数です。」

この3日間の売り上げ総数は、「iPhone 5」の最初の週末の売り上げ台数の500万台を大きく上回っている

iPhone 5の1.8倍のペース

▼さらに業績見通しも上方修正

アップルはまた、規制当局への提出文書で、第4・四半期(7─9月)の売上高が自社予想の340億─370億ドルの上限付近になるとの見通しを示した。

事実上の上方修正

記録的な販売台数と業績見通しの上方修正により、「Appleの最新端末には根強い需要がある」との期待は確固たるものとなった。

▼新型iPhone発表時には株価が急落していたが…

11日の米株式市場でアップル株は大幅安。前日比26.93ドル(5.4%)安の467.71ドルで取引を終えた。

下落率は一時6%を超え、約1カ月ぶりの安値を付ける場面があった。

「廉価版iPhone」として注目を集めていた「iPhone 5C」の価格が期待されたほど安くなかったことが影響したとみられる。

▼今回の発表を受け株価が急上昇、V字回復

1年前に発売された「iPhone 5」は最初の週末で販売台数が500万台を突破したが、新型iPhoneの販売台数はそのほぼ2倍

▼販売数大幅増の理由は?

調査会社によると「5s」の人気が高く、「5c」の3倍以上売れているもよう。

特に5sの人気が大きい

Appleは今回、従来は北米や日本などより遅らせてきた中国での発売日を初めて主要市場に合わせた。

昨年は中国での発売は12月と送れたため、初動の売り上げにはカウントされていない

もう1つ特筆すべきは、Appleが今回、日本最大手の携帯キャリアであるNTTドコモが取扱いに加わった点

参考リンク

1