1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

zlabaさん

日本の公共交通機関は世界でもトップの正確さといわれています。とくに電車のダイヤの正確さは海外でも度々話題になっていますが、果たして他の国々ではどんな違いがあるのでしょうか。世界7カ国の鉄道事情をまとめてみました。

日本のダイヤの正確さに驚く海外の人々

日本の電車のダイヤの正確さや遅延時の対応は、海外のインターネットでもよく話題に上っています。

こんなネタ画像も・・・

治安のよい日本では居眠りの光景もよく見かけますが、これも驚かれることのひとつ。

それでは、海外の鉄道事情を見ていきましょう!

中国

ダイヤの正確性は日本とほぼ変わらないようですが、ラッシュアワーの混雑振りは日本を上回っています。動画を見ると…乗るまでに諦めちゃいそう…

また、中国の長距離鉄道は、普通席が「硬座」という直角になった硬い座席のため、非常に眠りづらいのだそう。そこで人々は色々な方法を編み出しています。

椅子にすわっていると寝づらいので、椅子のしたに新聞紙を引いて、床の上にねているんです。
通路に寝ていると、通行人にまたがれたりして、ゆっくり眠れないのでしょう。。

なんと「硬座宝」という、座ったままの姿勢で眠るための棒が発売。ちょっと使ってみたい。

横のバーを胸に当たるように調節して、顔を乗せます。
「あまり圧迫感も無く、楽に寝られそうです。」

ポーランド

ポーランドでは雪が積もる季節になると、大幅な遅延や立ち往生が多発するそう。

さあいつでも出発して!
・・・
(;^ω^)
・・・
出発しねええええええええええええええ

22時ごろ、スタッフに「隣の電車に移った方が早く着くよ」と言われ下車。
膝まで積もった豪雪の中を歩いて隣の電車に移る。

ドイツ

・ドイツ鉄道は、遅延が頻繁にあるので注意。
・遠距離移動の場合、各駅停車は使わず、なるべく特急を使う。

日本人はなんだそりゃと思ってしまいそうですが、実際に今年8月、バカンスを取得する職員が増えて電車の遅延・運休が相次ぎニュースになりました。

マインツ中央駅の、列車の運行をコントロール(空港でいう管制塔みたいなところ)している職員さんがバカンスでたくさん休んでるんやって。出勤してる職員だけじゃ手が足りなくてダイヤ通りの運行は出来ひんのやって。
って、ナニこの理由。

タイ

タイの鉄道は、以前と比べて非常に出発時間に対して正確になってきた。しかし、正確になったのは始発駅の出発時間だけであり、途中の駅では正確な時間に列車がやってくることは少ない。

タイ国政府観光庁などは、外国人旅行者に対して、帰国当日や前夜発の夜行列車での移動は避けるよう注意を呼びかけている。

1 2