1. まとめトップ
  2. 雑学

一度は乗りたい!首都圏のマイナー鉄道まとめ

東京では決して見ることのできないレトロな鉄道たち。首都圏なので簡単に訪れることが出来ます。

更新日: 2013年11月08日

415 お気に入り 123178 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

whgadgetさん

首都圏とは思えない鉄道の数々

首都圏と言えば、東京都を中心に『非常に高度な鉄道』が張り巡らされているイメージがあります。
しかし、周辺の県にはそんな東京の姿からは想像もつかないような、マイナー鉄道が走っていました。

1.流鉄流山線

流山線(ながれやません)は、千葉県松戸市の馬橋駅と同県流山市の流山駅を結ぶ流鉄の鉄道路線である。

首都圏近郊にあってローカルな雰囲気が漂うミニ路線であるが近隣につくばエクスプレスが開業した事により乗客は減少している。

運転区間は非常に短い

鉄道の路線延長は5.7kmと短い。かつては貨物輸送も行っていたが、既に廃止されています。

全車2両編成

自動改札がない

運賃は何故か激安

年に一度の花火大会後は、地獄絵図に

流鉄流山線が込み合う時もあります。
それは、花火大会の時なんです。

やはり、3両編成が欲しいから、2両+1両(2両分割)で3両を作れないか?
面倒で見た目も悪いかもしれないが、一年一回だけの超混雑の日だからやってもいいと思う

車両が2両しかないせいで、乗客は寿司詰め状態に

2.秩父鉄道

秩父鉄道とは、埼玉北東部の羽生駅から秩父山地の山ふところにある三峰口駅とを結ぶ、鉄道やらその他を運営している中小私鉄である。

埼玉県内では貴重である、県域の東西を縦断する軌道系交通機関であり、通勤通学客の利用もそれなりにある。

埼玉県下で唯一、ICカード使用不可

PASMOは非加盟。現在埼玉県内の鉄道会社でSuicaもPASMOも使えないのは当社だけである。

夜は無人になる駅も

1 2 3