1. まとめトップ
  2. ガールズ

備わっていますか?「美容室」に行く時の4つのマナー

美容院が好きな方、頻繁に行ってる方も多いと思います。私達はお客様の立場ではあるけれど、もっと素敵に仕上げてもらうためにも、マナーを心得ておくことも大事なことです。まとめてみました。

更新日: 2016年11月11日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
472 お気に入り 620178 view
お気に入り追加

美容院って楽しみですよね!

美容院のお兄さんと仲良くなりすぎて、もう次髪切るの楽しみ!笑

美容院行くまでに、髪色考えよ〜〜っと!楽しみだ!

美容師さんから「また来て欲しい」と思われるのも大切なこと

迷惑だなというふうに感じると、そのお客さんに対して綺麗にしてあげたいと思っていても、その気持ちが少し減ってしまう

自分が「また行きたい」と思うことも大事ですが、印象の良いお客さんだったと思ってもらえることも大事なんです。

マナー1・予約の時間に遅れるのはNG!

予約の時間に遅れて行くと、その後にも響いて来ます。
どうしても遅れてしまう、行けそうにない場合は、事前に電話を入れましょう。

美容室の方では、そのお客さんのために、美容師が時間をあけてまっているのです。

遅れるお客様がいらっしゃれば、後に入ってる時間通りに来ていただいたお客様にご迷惑をおかけすることになる

マナー2・普段の自分のメイク、ファッションで行くこと

普段のファッション、メイクから、その人に合わせたスタイリングをしてくれるので、なるべく、いつもの自分通りで行きましょう。

首元が開放的な服の方が、しっかりケープに収まって、美容師さんも切りやすいようです。

美容師さんはそのお客さんの全体像を見ています。

美容師さんはお客様の服装やメイクから好みを探り、その好みに合わせて普段のお手入れがしやすいようなスタイルを提案してくれます。

派手なメイクや派手な服を着て張り切っていくと、普段の自分のイメージに合わないヘアスタイルになってしまう

パーマやカラー液は服につくことはあるので高価な服などは裂けた方がトラブルにならないでしょう。首周りをカットしやすいように首周りがすっきりとした腹を着て、普段通りのメイクをするのがいいでしょう。

マナー3・整髪剤はなるべくつけない

なるべくなら、つけない方が良いですが、会社の帰りや出掛けたあとの帰りに行く場合も多いと思います。
その時は、いつもより少なめにしましょう。

美容師さんも髪本来の状態を見にくいので、整髪料はほどほどにしましょう

ヘアサロンに行くと分かっているときは、洗って乾かしたままの状態で行くのがベストです。

マナー4・自分の髪質や気になること、仕上がりイメージを具体的に伝えること

自分でセルフカラーをしたとか、新しくできた他のお店でパーマをしたとか、ちょっと言い難いことというのはあるものです。理由はもちろん言わなくて構いませんが、お店のカルテに書かれていないことはしっかり話してください

そこをしっかり伝えないと正しい薬剤の選択や放置時間の設定ができません。

あとから後悔しないようにしっかり自分の主張を美容師さんへ注文しましょう。

美容師さんが悩んでしまうお客さんというと、それは、どういう髪型にしようか決められずに悩んでしまうお客さんだそうです。

カウンセリングのときによく確認するか、雑誌を切り抜いたり画像を見せたりしてイメージを伝える

1





lulu0803さん