1. まとめトップ

Nihonshu - 日本語 Mac OS X 用カスタム Wine バイナリ

日本語 Mac OS X 用のカスタム Wine バイナリパック『Nihonshu』のまとめ

更新日: 2014年08月23日

13 お気に入り 67306 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mattintosh4さん

『Nihonshu』とは?

日本語 Mac OS X 用にカスタマイズした Wine のバイナリパックです。面倒な日本語表示用の設定や DirectX のセットアップなどを自動化してあります。

必要なライブラリ等は全て揃っているので MacPorts や Homebrew をインストールしなくても使える…はず。

主な特徴
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
✓ 日本語表示設定用初期設定ファイルを同梱
✓ OS X メニューバーの自動非表示による画面領域の拡張
✓ 日本語版 Windows として認識されるようにソースコードを変更
✓ Winetricks による RPG ツクールランタイムパッケージのインストールが可能

システム要件
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
✓ Intel 製 CPU を搭載した Mac OS X 10.6.8 以上
✓ XQuartz 2.7.4 以上

備考:XQuartz は必須ではありませんが、X11 のグラフィックスドライバを使用する場合や glu32.dll を必要とする Windows アプリケーションの実行に必要です。ただし、通常版では glu32.dll の自動インストールが行われます。

お知らせ

2014年06月10日:ダウンロードサイトを Google ドライブに変更。
過去アップロード分の修正が面倒になったので part.2 へ移行 → http://matome.naver.jp/odai/2140238022377155001

2013年10月19日:通常版において Windows XP Service Pack 3 の取得がデフォルトになりました。新規 WINEPREFIX 作成時に自動的にダウンロードされます。プラグインのインストール処理を修正しました。プラグインから不要なファイルを削除しました。

2013年10月17日:コントロールパネルでゲームパッドの設定が表示できない問題を修正しました。内蔵の Winetricks で glu32.dll のインストールが可能になりました。詳しくは http://mattintosh.hatenablog.com/entry/2013/10/17/173733 を参照してください。

2013年10月15日:Steam で文字が表示されない問題への対応を追加しました。

2013年10月11日:メニューバーの表記を日本語にしました。

2013年10月08日:簡易ランチャを同梱しました。

2013年10月05日:Visual Basic ランタイムのインストール行程に誤りがあったため修正しました。

2013年10月04日:7-Zip が使えるようになりました。詳しくはページ下部の「7-Zip」の項を参照してください。

2013年10月01日:RPG ツクールランタイムがインストールできない問題を修正しました。

ダウンロード

*********************************************
動作保証は一切しません。ご使用は自己責任でお願いします。
*********************************************

このパッケージには以下のプラグインが同梱されています。

✓ 7-Zip
✓ DirectX 9
✓ Visual Basic/C++ 6.0
✓ Visual C++ 2005/2008/2010

Wine バージョン:wine-1.7.4
ファイルサイズ:104.5 MB
最終更新:2013年10月19日

ダウンロード:http://bit.ly/1oPJBZT (Google ドライブ)

インストール前にお読みください

Nihonshu は現在開発中のアプリケーションのため仕様が頻繁に変更されます。バージョンを更新した場合は古い WINEPREFIX を削除してから使用することをおすすめします。

インストール

※ファイル名の変更について(2013年10月10日)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アップローダの都合でファイル名に「スペース」と「(番号)」が追加されていることがあります。これらはターミナル上でエスケープが必要になりますので以下のようにファイル名を変更することをおすすめします。

変更前:wine_nihonshu (2).exe
変更後:wine_nihonshu.exe

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アーカイブを「/usr/local」へ展開してください。それ以外の場所に設置した場合は正しく動作しません。展開の際に `-o' と `/usr/local' の間にスペースは含まれませんので注意してください。「/usr/local/wine」が既に存在する場合、正しく展開出来ませんので削除または名前を変更してから展開してください。

以下はユーザーのホームディレクトリにファイルをダウンロードした場合の例です。

展開例1:
  $HOME/wine_nihonshu.exe -o/usr/local

展開例2(バージョン付):
  "$HOME/wine_nihonshu (2).exe" -o/usr/local


備考:「/usr/local」へのパーミッションの変更が必要になることがあります。

Wine の実行(コマンドライン)

使い方は MacPorts や Homebrew でインストールした Wine とほぼ同じです。必要ならば「/usr/local/wine/bin」を環境変数《PATH》へ追加してください。Gecko、Mono が含まれていないため初回実行時にインストールを促すメッセージが表示されることがあります。

例)/usr/local/wine/bin/wine explorer


Wine の使い方やアンインストール方法などは下記のページを参照してください。

『Mac ユーザーのための Wine のインストール方法と使い方』
http://matome.naver.jp/odai/2137957573465723501

セットアップ行程
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
軽量版は「1」のみです。Windows XP Service Pack 3 の取得にはネットワーク接続が必要です。全ての処理が完了するまで3〜5分程度かかります。

1. 日本語用 INF ファイルの登録
2. 7-Zip 用 INF ファイルの登録
3. Visual Basic/C++ ランタイムのインストール
4. DirectX 9 のインストール(3段階)
5. Windows XP Service Pack 3 から追加展開(glu32.dll、Windows Media 関連)

オプション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
--skip-init:
初期化用 INF の適用とネイティブライブラリのセットアップを一切行いません。これは Wine 本来の動作で《WINEPREFIX》を作成します。

例)/usr/local/wine/bin/wine --skip-init


--suppress-init:
プラグイン同梱版のみ有効なオプションです。初期化用 INF の適用のみ行い、プラグインのセットアップは行いません。既に《WINEPREFIX》が存在する場合は初期化用 INF が再度適用されます。

例)/usr/local/wine/bin/wine --suppress-init


--force-init:
プラグイン同梱版のみ有効なオプションです。初期化用 INF の適用とプラグインのセットアップを強制します。ただし、2回目以降の DirectX のセットアップが正しく動作しないためこのオプションは初回に `--skip-init' もしくは `--suppress-init' を使用して WINEPREFIX を構築した場合に1度だけ使用してください。

例)/usr/local/wine/bin/wine --force-init


--devel:
プラグイン同梱版のみ有効なオプションです。Windows XP Service Pack 3 から更にファイルを追加します。このオプションは開発用です。

Wine の実行(簡易ランチャ)

Finder から Wine を実行するための簡易ランチャです。「/usr/local/wine/app」に同梱されています。ランチャは移動可能です。

初回実行時の動作についてはコマンドラインの項を参照してください。ログについては一切出力されませんので Wine で実行可能かどうか不明な場合はコマンドラインでの実行を優先することをおすすめします。

単体起動の場合はファイル選択ウィンドウを表示し、選択されたファイルを Wine で実行します。D&D、コンテキストメニューからも実行可能です。

対応拡張子:EXE、MSI、その他すべての拡張子(ただし Wine で実行可能なファイルに限る)

単体起動の場合は「7-Zip ファイルマネージャ」を実行します。D&D、コンテキストメニューからも実行可能です。

対応拡張子:7Z、CAB、LHA、LZH、LZMA、RAR、XZ、ZIP、その他全ての拡張子(ただし 7-Zip で展開可能なファイルに限る)

Winetricks による RPG ツクールランタイムのインストール

インストール可能な RPG ツクール RTP は以下の種類です。なお、RPG ツクール RTP は DLL カテゴリに登録されています。

✓ RPG ツクール RTP 2000
✓ RPG ツクール RTP 2003
✓ RPG ツクール RTP XP
✓ RPG ツクール RTP VX
✓ RPG ツクール RTP VX Ace

インストール方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ターミナルから以下のコマンドを実行してください。

RPG ツクール RTP 2000:
  /usr/local/wine/bin/winetricks rpg2000

RPG ツクール RTP 2003:
  /usr/local/wine/bin/winetricks rpg2003

RPG ツクール RTP XP:
  /usr/local/wine/bin/winetricks rpgxp

RPG ツクール RTP VX:
  /usr/local/wine/bin/winetricks rpgvx

RPG ツクール RTP VX Ace:
  /usr/local/wine/bin/winetricks rpgvxace


備考:インストーラーがまだダウンロードされていない場合は「~/.cache/winetricks/<name>」にキャッシュされます。

インストーラーのダウンロード完了後にセットアップ画面が表示されますので「次へ」をクリックしてインストールを進めてください。

再セットアップを行う場合は再度同じコマンドを実行してください。

7-Zip

OS X のアーカイブユーティリティなどで文字化けしてしまうアーカイブ向けです。

公式ページ:http://sevenzip.sourceforge.jp

アーカイブの解凍方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「Wine エクスプローラ」でアーカイブを選択して実行すると「7-Zip ファイルマネージャ」が起動します。メニューの「展開」で解凍ができます。

登録済みの拡張子は 7Z / CAB / LHA / LZH / LZMA / RAR / XZ / ZIP です。

7-Zip ファイルマネージャの呼び出し方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
レジストリ登録済ですのでファイル名のみで呼び出し可能です。ターミナルで「7zFM.exe」を呼び出してください。

例)/usr/local/wine/bin/wine 7zFM

1 2