「放射線ホルミシス」とは何か?。元々は米国ミズーリ大学教授のトーマス・D・ラッキー博士が1982年に提唱したものです。これは「少しの放射線は、免疫機能の向上などをもたらし、身体のあらゆる活動を活性化し、病気を治したり、病気にかからない強い身体にしたり、老化を抑えて若々しい体を保つなど、さまざまな体によい影響を及ぼす」というもの

出典放射線Q&A — 放射線安全研究センター —

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

少量の放射線は体に良いって本当?【放射線ホルミシス】

微量な放射線には、① 免疫機能の向上② 身体の活性化③ 病気の治癒④ 強い身体をつくる⑤ 若々しい身体を保つ等の効果があるという放射線ホルミシスという学説をご存知でしょうか。気になったので、まとめてみました。

このまとめを見る